【アフターコロナ】海外渡航時に事前チェックしておきたいウェブサイト【ビザや検査証明書の有無】

sherpa








こんにちは、ダラス駐在員のアポロです。

海外に渡航するのも苦労する時代になってしまいました。

飛行機のおかげで夢の海外旅行がぐっと身近になったのですが、コロナウィルスのせいで時代は逆戻りに。

海外渡航するときは今までどおりビザの有無が必要かに加えてコロナウィルスの検査証明書の提出が必要になる国も出てきました。

日本人なのにアメリカから日本に帰るときは72時間以内の検査証明を提出しなければいけないことも。

今回は世界中の海外渡航制限をかんたんに調べるウェブサイトを紹介します。

ワクチンが広がって早く元の世界に戻るといいですね。

本記事はこんな方におすすめ

日本一時帰国を考えている海外在住者

ビザ保有以外の海外に旅行を考えている海外駐在員および海外留学生

比較的安全な海外に隔離したいが、検査証明書の提出が必要か調べたい方

なお、最新情報は毎日変わってきます

このブログで取り上げた情報は今後変わる可能性があるので、必ずご自身で確認をお願いします。

目次【本記事の内容】

スポンサードサーチ

海外渡航制限を調べるウェブサイト(Sherpa)

sherpa

はじめに海外渡航制限をかんたんに調べるウェブサイトを紹介します。

アメリカン航空と提供しているサービスっぽいです。

Sherpaといいます⇒

海外渡航制限を調べるウェブサイト(Sherpa)

このサイトで海外渡航制限やビザの有無、コロナウィルス検査証明書の提出の有無などがかんたんに調べられちゃいます。

見てみないと分からないことも多いので実際に試しながらチェックしていきましょう。

(毎日制限情報が更新されていきます。必ずご自身で確認お願いします。)

例1:アメリカからカナダに渡航を考えている場合

具体例その1。

アメリカからカナダへの渡航の場合です。

FromにUnited States、ToにCanadaを選択してみましょう。

結果は渡航制限あり

残念ながら制限解除まで待つ必要があります

具体例(アメリカからカナダ)

カナダは鎖国している国で有名ですからね。

トランジットはOKみたいです。

スポンサードサーチ

例2:アメリカからメキシコに渡航を考えている場合

具体例その2。

アメリカからメキシコへの渡航の場合です。

カナダと同じように入力してみましょう。

結果は陸路は制限あり、空路は制限なし、コロナ検査証明書の提出も必要ないとのことでした。

具体例(アメリカからメキシコ)

僕はロスカボスへの旅行を考えていましたが、このサイトとメキシコ当局のサイト、当地のコロナ感染者数を直前までにらめっこしながらGo/No Goを判断していました。

少し心配していましたが、何事もなく安全に行けてよかったです。

ダラスにいるよりリラックスでき、気分転換になりました。

海外渡航制限を調べるウェブサイトまとめ

今日は海外渡航制限を調べるウェブサイトを紹介しました。

sherpaというウェブサイトで、アメリカン航空と提携しています。

出発国、到着国を入力するだけで渡航制限やビザの有無、コロナ検査証明書の提出が必要かどうか簡易的に調べることができます。

今回はアメリカ駐在として隣接している北米のカナダとメキシコを例に挙げましたが、どんな国でも参照可能です。

特にこれから海外旅行する方はコロナ検査証明書の発行が必要かどうかも重要になってきます。

以上、少しでも参考になれば幸いです。