【感動】ロスカボスでホエールウォッチング【クジラが目の前で見れました】

Whale Watching








こんにちは、旅行大好きレイです。

今日はロスカボスのホエールウォッチングについて。

ロスカボスがあるメキシコのバハカリフォルニア半島は世界自然遺産でもあり、クジラが繁殖と子育てのためにアラスカからメキシコまで南下します。

そのため冬から春にかけてクジラが観測しやすいです。

僕は年明けに行きましたが目の前でクジラが見れて感動しました。

ロスカボス行くならクジラをウキウキウォッチングしませんか。

目次【本記事の内容】

スポンサードサーチ

世界遺産の「カリフォルニア湾の島々と自然保護区」

エル アルコ デ カボ サン ルーカス

ロスカボスは自然世界遺産があることはご存じでしょうか。

「カリフォルニア湾の島々と自然保護区」という名称で2005年に世界遺産に登録されています。

カリフォルニアと聞くとロサンゼルスがあるカリフォルニア州を想像してしまいますが、近いようで違います。

メキシコ国内の湾ですね。

The Arch of Cabo San Lucasという橋のような岩も観光スポットで有名です。

カボサンルーカスから近いです。

The Arch of Cabo San Lucas近くにはアシカもいます。

ホエールウォッチングする場合はだいたい寄ってくれて、アシカやThe Arch of Cabo San Lucasの写真を撮らせてくれます。

アシカ アシカ

アシカはけっこう臭いキツめでした。

お風呂入っていないおっさんよりきつかったです。

世界遺産のバハカリフォルニア半島は冬でも暖かくクジラが天敵から身を守るために南下してきます。

そのため冬の間、1月から3月中旬までホエールウォッチングに適しているのがロスカボスです。

僕たちは年末年始にロスカボス旅行したので、2月がピークとわかっていましたが、見れることを期待して1月初旬にホエールウォッチングに行きました。

ロスカボスでクジラ見るなら「Deep Blue」日本語OK

漁港

ロスカボスはホエールウォッチングで有名なのでいくつもショップがあります。

日程に余裕があれば港に行ってみるといいでしょう。

けっこううざく客引きされます。

僕は事前リサーチで日本語のダイブショップがあることを知ったので、メールにて問い合わせました。

Deep Blueというダイビングショップです。

Deep Blue公式ホームページ(日本語もあります)

ホエールウォッチング情報も詳しくホームページに記載されていたので、事前に読んでおくと知識が身につきます。

ロスカボスはダイビングでも有名なのでダイビングをする方はセットでお願いしてもいいかもしれません。

Waldorf Astoriaロスカボス

Waldorf Astoriaロスカボス

 

Waldorf Astoriaロスカボスのトンネル

Waldorf Astoriaロスカボスのトンネル

 

Waldorf Astoriaロスカボスのトンネル

トンネルの途中に宗教的なモニュメントがありました

Waldorf Astoriaロスカボスに宿泊していましたが歩いてDeep Blueまで行けました。

5分くらいかな。

ちょっと分かりにくいところにありました。

カボサンルーカス

カボサンルーカス

 

cabodeep

Deep Blueショップ

公式ホームページには一人65ドルとありますが、値上げしたそうで70ドルでした。

アメックスは扱っていませんでしたが、VISAカードで支払えました。

コロナ禍ということで僕が行った時期は観光客が半分までに制限されていました。

そのためボートは15人乗りなのですが7人が最大でしたが、当日はほかに予約客がいなかったので夫婦で貸し切りでした。

ホエールウォッチング自体は毎日朝でも夕方でも受け付けていますが、昼を過ぎると風が強くなります。

船酔いしやすい方は早起きして朝に行くといいでしょう。

クジラは日中いつでも見れるんですけどね。

僕たちは朝8時30分にショップ集合、ボートが多少遅れましたが2時間30分から3時間程度のツアーでした。

漁港

朝日がまぶしかった

 

Whale Watching

貸し切りボート

 

Whale Watching

出発!

 

Whale Watching

ダイバーも仕事がなかったらしく同乗し写真撮影

 

Whale Watching

ダイバーは半島近くでも潜っていました

 

Whale Watching

クジラを目視で探します

結構遠くまでボートできました。

Waldorf Astoriaではビーチから見えるところでホエールウォッチングしていたので意外でした。

船長の勘というやつでしょう。

探すこと5分。

船長が指を指します。

Whale Watching

この背中は、、

Whale Watching

まさかの親子で

 

Whale Watching

クジラが、、

 

Whale Watching

きたー!!

 

Whale Watching

目の前でクジラが!!

 

Whale Watching

潮吹きで虹も出ました!

ボートの手すりとクジラを見てもらえたら距離感わかってもらえると思いますが、すぐ目の前にクジラがいます!

大興奮ですね!

息継ぎのタイミングで水面に上がってくるのですが、しばらくすると出てこなくなります。

周辺にはいるのでまた出てくるタイミングでボートを移動させます。

Whale Watching

同じクジラを発見!

 

Whale Watching

巨大な体

 

Whale Watching

こどもクジラがジャンプ

クジラの大きな体がアーチ状に見えたら潜水します。

十分な息継ぎをしてしばらく見れないかもしれませんが巨体が見れます。

潜水する前の潮吹きやヒレを動かす動きも呼吸しています。

クジラは小さな呼吸を4回程度繰り返し、そのあと潜水。

潜水すると泳ぎ続けるのでまた探す必要があります。

ここからはクジラ親子が交互にジャンプしていっしょに遊んでくれたギャラリー写真をお見せします。

豪快なジャンプでした。

クジラが間近で見れて感動ものでした。

ショップの人も写真を見せたらかなり運がいいと言っていました。

Deep Blueは小さなボートだったのでかなりクジラに接近できましたが、大型船でホエールウォッチングしているショップもありました。

しかしクジラが近くで見れないので結果としてDeep Blueを選んで大正解でした。

ありがとう、Deep Blue。

ありがとう、クジラ母娘。

Whale Watching

大型船は遠くからホエールウォッチング

Whale Watching

降りるときにチップ10ドル手渡しました。

久しぶりだなぁ現金チップ渡すの。

パラセイル

パラセーリングしている観光客もいました。

ビーチリゾートでのんびりするのってストレス発散できていいですよね。

スポンサードサーチ

ロスカボスでホエールウォッチングまとめ

Whale Watching

今日はロスカボスのホエールウォッチングについてまとめました。

ロスカボスには「カリフォルニア湾の島々と自然保護区」という世界遺産があり、ダイビングやホエールウォッチングで有名なスポットとなります。

ホエールウォッチングする方は1月から3月の冬に行きましょう。

クジラという自然が相手ですので見れるかどうかは運次第なのですが、割と多くのクジラが子育てでロスカボスに来ています。

僕たちもかなり間近でクジラを見ることができ、一生の思い出になりました。

The Arch of Cabo San Lucasという自然の岩でできたアーチも有名です。

以上、少しでも参考になれば幸いです。

Whale Watching

子どもクジラのジャンプ練習