世界三大瀑布イグアスの滝でボートツアー(ブラジル側)【水着は必須】








こんにちは、ダラス駐在員のレイです。

南アメリカ旅行のハイライトであるイグアスの滝を紹介します。

ダラスからブラジルやアルゼンチンは直行便も出ているので旅行しやすいです。

日本からだとダラス経由になるかもしれません。

目次【本記事の内容】

スポンサードサーチ

イグアスの滝とは

イグアスの滝とはイグアス国立公園にある滝で、世界遺産にもなっています。

アルゼンチンとブラジルの国境にもなっていますが、滝の占める割合はアルゼンチンが8割、ブラジルが2割です。

アルゼンチン、ブラジルどちらからもアクセス可能です。

世界三大瀑布のひとつでもあり、他はアメリカとカナダにまたがるナイアガラの滝、ジンバブエとザンビアにまたがるヴィクトリアの滝があります。

アルゼンチン側は悪魔の喉笛(のどぶえ)を間近で見ることができ、ブラジル側はイグアスの滝の全体像が見れます。

またイグアスの滝ではボートツアーやヘリコプターツアーなどのアクティビティもできます。

イグアス国立公園内にもホテルがあり、アルゼンチン側がメリアイグアス(旧シェラトン)ブラジル側がベルモンドホテルとなります。

ベルモンドホテルから歩いて早朝散歩

今回のイグアスの滝観光ではベルモンドホテルに宿泊しました。

ブラジル側唯一の国立公園内ホテルの様子は別記事にまとめています。

ベルモンドホテル宿泊のメリットは観光客がイグアス国立公園に一般入場できる前から散歩できます。

イグアスの滝を独占できます!

散歩道を進んでいきます。

舗装されているのでサンダルでも歩けますがスニーカーの方がよさそうです。

イグアスの滝がだんだんと見えてきました。

午後のボートツアーで突撃する滝はどれなのでしょうか。

桟橋はホテルから10分くらい歩くと見えました。

ここまで来ると迫力が伝わってきます。

水しぶきも少し浴びます。

滝の水量によって虹もかかっていました。

一番奥まで行ってみましょう。

ここが一番奥で、ブラジル側のハイライトかもしれません。

ブラジル側のイグアスの滝は2割しか占めておらず、残り8割がアルゼンチン側なのですが、ブラジル側からアルゼンチン側のイグアスの滝を見てもこの豪快さ!

アルゼンチン側の悪魔の喉笛が有名ですが、どちらも必見の観光スポットかと思います。

せっかくなので展望台にも行ってみました。

あまりにも綺麗でずっと眺めていたいくらいでした。

どこで見ても虹がかかっているのがいいですよね。

同じ道を戻ってホテルに帰ると一般入場が始まり、観光客が増えていました。

スポンサードサーチ

イグアスの滝(ブラジル側)でボートツアー参加

イグアスの滝観光のハイライトにもなるボートツアーはバスに乗って移動します。

散歩したあとは水着に着替えてベルモンドホテル前のバス停集合でした。

バスはいろんな種類がありました。

ガイドさんがチケットを購入して入場。

一応ブログ用にチケット料金もアップしておきます。

近くに小さなギフトショップもありました。

歩いてボート乗り場までも行けますが、トラムに乗りました。

自然好きな外国人はゆっくり歩いていくことを選ぶ方もいました。

ボート乗り場まで来るといよいよ感がありますよね。

更衣室やトイレもありましたが、水着は着替えていったほうがいいかもしれません。

念のため救命具を着ていざボートツアーへ!

しかし天気予報どおりに雨が降ってきました。

どうせボートツアーで濡れるので雨が降っても変わらないかもしれません。

途中の写真スポットで一時停止しました。

ボートツアーのボートで賑わっています。

どうせ濡れるから雨が降っても変わらないと思っていましたが、ボートが走るだけでめちゃめちゃ痛いです。

目が開けられるかどうかといった速度でした。

滝には何回突っ込んだでしょうか。

3回は突撃しました。

完全に突撃するとボートが反覆する可能性もあるので深くは突っ込みません。

それでも水しぶきが十分感じられるほど接近します。

水しぶきはかなり痛く、ずぶ濡れになります。

スマホは濡れるので直前でしまいました。

水着もスマホをしまう防水ビニール袋もマストです。

スマホはガイドさんに預けるのもありだと思います。

ホテルに戻ってシャワーを浴びて着替えて昼食をとり、空いた時間でお土産を買いました。

無料でレイトチェックアウトもでき、ホテルも満喫できました。

午後にガイドさんがお迎えにきてくれて空港まで車で送ってくれました。

途中、ブラジル政府専用機の飛行機がありました。

空港は観光客でごった返していました。

ブラジル側のイグアスの滝観光まとめ

今日はブラジル側のイグアスの滝観光を紹介しました。

ベルモンドホテルに宿泊したので観光客が一般入場する前から早朝散歩でき、イグアスの滝を独占できました。

ブラジル側のイグアスの滝は2割しか占めていないのですが、残り8割のアルゼンチン側のイグアスの滝を俯瞰して見ることができます。

ボートツアーは間違いなく濡れるので水着は必須です。

せっかくイグアスの滝に行ったのであれば見るだけではなく体験してみてはいかがでしょうか。

以上、少しでも参考になれば幸いです。