イグアスの滝観光ならベルモンドホテル(ブラジル側)








こんにちは、ダラス駐在員のレイです。

今日はイグアスの滝観光で宿泊したベルモンドホテルを紹介します。

ブラジル側では、イグアス国立公園内にある唯一のホテルです。

ブラジル側にはホテルが多数ありますが、せっかくイグアスの滝に行かれるのであれば、ベルモンドホテルも選択肢のひとつになればと思います。

目次【本記事の内容】

スポンサードサーチ

イグアスの滝とは

イグアスの滝とはイグアス国立公園にある滝で、世界遺産にもなっています。

アルゼンチンとブラジルの国境にもなっていますが、滝の占める割合はアルゼンチンが8割、ブラジルが2割です。

アルゼンチン、ブラジルどちらからもアクセス可能です。

世界三大瀑布のひとつでもあり、他はアメリカとカナダにまたがるナイアガラの滝、ジンバブエとザンビアにまたがるヴィクトリアの滝があります。

アルゼンチン側は悪魔の喉笛(のどぶえ)を間近で見ることができ、ブラジル側はイグアスの滝の全体像が見れます。

またイグアスの滝ではボートツアーやヘリコプターツアーなどのアクティビティもできます。

イグアス国立公園内にもホテルがあり、アルゼンチン側がメリアイグアス(旧シェラトン)ブラジル側がベルモンドホテルとなります。

ブラジル側のホテルベルモンドホテル

シェラトンホテルであればマリオット系列でポイントも使える(ポイントで宿泊できる)ので候補になったかもしれませんが、現在はメリアイグアスというホテルがアルゼンチン側のホテルになっています。

そのため今回はブラジル側にあるベルモンドホテルを選択しました。

イグアス国立公園にあるホテルはこの2つしかありません。

国立公園内のホテルに宿泊するメリットは朝はやくから散歩できることで、ベルモンドホテルは歩いていけるところに遊歩道があり、観光客がいないイグアスの滝を独占できます。(もちろんホテルの宿泊者は何人かいます。)

デメリットは宿泊料金が高いことですね。

これはイグアス国立公園に限らず、アメリカの国立公園でも同じ傾向が言えます。

イエローストーンやデナリ(アラスカ)などの国立公園に行ったことがありますが、高かったため周辺のコテージに宿泊せざるを得なかったです。

しかも人気が高いため予約が取りづらい。

今回は奮発して人生最初で最後のイグアス国立公園内ホテル、ベルモンドホテルに宿泊しましたので、今後観光される方の参考になればと思います。

ホテル施設

アルゼンチン側のイグアスの滝を楽しんでからベルモンドホテルにチェックインしました。

まだ明るかったです。

ピンクを基調としたホテルの外観が可愛く、ホテルのシャトルバスもまた可愛かったです。

ホテルの目の前がイグアスの滝で、屋上に登っても綺麗ですが結構階段登りました。

国立公園内なのでいつでも遊歩道が歩けますが、日が暮れる前にホテルに帰らないと街灯などはありませんので注意が必要です。

ホテル内にプールもあり、観光したのが2月と南半球では真夏だったのでもちろん泳ぎました。笑

日本人もけっこう多かったです。

ホテルの施設がよくわかる写真をギャラリー集としてアップしておきます。

部屋

部屋は高級感溢れる内装でした。

ミニバーのジュースや水は全て無料で、サンダルも置いてありました。

写真を取り忘れましたが、ベルモンドホテルのアメニティはブラジルの王族が使用するものらしいです。

それを知った僕はシャンプーや石鹸などは記念に持ち帰りました。

おうちで王様気分でお風呂を楽しんでいます。笑

食事

最後に食事の写真をアップしておきます。

まずチェックインしたあとの晩ごはんから。

残念ながら選択肢はベルモンドホテル一択です。

なぜなら国立公園内でほかにレストランがないから笑。

レシート見たら200レアル以上してました。

アメリカのドルに換算すると40ドルくらいですね。

ビュッフェスタイルなのでまぁこんなもんかと思います。

単品ごとに選べるイタリアンのお店もホテル内にありましたが、メインで100レアル以上するので満足度も考慮して一択になると思います。

ありがたいことに朝食は宿泊料金に含まれていました。

夕食バッフェと同じレストランでした。

ランチはイグアスの滝のボートツアーに参加したあと、ベルモンドホテルに戻って軽くバーガーを食べました。

カイピリーニャというブラジルでは有名なアルコールも注文して100レアルくらい(20ドル弱)でした。

スポンサードサーチ

イグアス国立公園ベルモンドホテルまとめ

今日はイグアス国立公園内にあるホテル、ベルモンドホテルを紹介しました。

ベルモンドホテルはブラジル側にある唯一の国立公園内のホテルです。

国立公園内にあるためイグアナの滝を独占でき、観光客が賑わう前から散歩もできます。

ピンクを基調としたホテルは外装も内装も食事も最高で、アメニティはブラジルの王族が使用しているものと同じとか。

貴族にでもなった気分で宿泊してみてはいかがでしょうか。

以上、少しでも参考になれば幸いです。