3Dプリンタで歯列矯正できるSmile Direct Club(割引クーポンつき)








こんにちは、ダラス駐在員のレイです。

皆さんは歯列矯正の経験はありますでしょうか。

アメリカは歯が命です。

小さい頃からワイヤーで歯列矯正したり、大人になってからもホワイトニングしたりと歯に対してかなり気にしています。

技術も日本より発達しており、費用も日本の半分以下です。

日本だと100万円以上する歯列矯正ですが、アメリカだと50万円以下でできます。

保険の関係で多少前後しますが、だいたい半分です。

小さいお子さんであればカラフルなワイヤーで歯列矯正することが多いですが、歯並びを気にする国なため、大人になってからも歯列矯正する人が絶えません。

そして技術はさらに発達し、3Dプリンタで歯列矯正できるキットが作成できる時代になりました。

お得なクーポンも紹介しますので、アメリカ駐在中に歯並び良くしたい、って方がいればぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Smile Direct Club紹介リンク($100割引)

目次【本記事の内容】

スポンサードサーチ

アメリカ駐在中に歯並びをよくするメリット

この記事を今読まれている方は日本にお住まいですか?アメリカにお住まいですか?

日本にいてアメリカ進出を目指している方は、できるだけ若いうちに歯列矯正しておきましょう。

僕は中学生くらいのときに歯列矯正しようと歯医者に通いましたが、途中で辞めてしまいました。

結局大人になってから自腹で歯列矯正しました。

あのときやっていれば、と少し後悔しています。

アメリカ人は皆さん歯並びがよく、ホワイトニングを定期的にしているほど歯に時間もお金もかけています。

日本人は残念ながら恥の文化であまり歯列矯正してこない方が多いです。

なんといってもあのワイヤーがちょっと恥ずかしいですよね。

その気持ち、非常にわかります。僕もあれが嫌で辞めましたから笑。

現在アメリカに既に住まれている方はマウスピース型の歯列矯正を検討してみましょう。

アメリカ駐在は数年間と長くいることになるため、時間をかけて歯列矯正でき、日本に帰る頃には歯並びがすっかりよくなります。

マウスピース型歯列矯正とは

歯列矯正のイメージはだいたい金属のワイヤーがギラギラ光っているイメージを持っているのではないでしょうか。

小学生や中学生くらいのアメリカ人はワイヤー型歯列矯正をしていることが多く、しかもそのワイヤーがカラフルです。

個性があっていいですよね。

みんな好きな色を選んで見せあっています。

海外ドラマでもよく見るのではないでしょうか。

それでも大人になると仕事柄、ちょっとあのワイヤーが気になったりすると思います。

現在、歯列矯正の技術は進化しており、アメリカではマウスピース型の歯列矯正が主流となっています。

日本だとまだまだ大人でもワイヤー型の歯列矯正をしている方が多いです。

マウスピース型の短所としては金属よりも弱いため、歯を動かすパワーも弱いです。

そのため程度によりますが、歯並びが悪い方は基本的にワイヤー型になってしまいます。

アメリカに来て思ったことは意外と30代前後のミドル世代でも歯列矯正をしている現地社員が多いということです。

アメリカは皆さん小さいときに歯列矯正するイメージがあったので意外でした。

そして皆さんマウスピース型です。

40歳を過ぎて始める方もいて、アメリカは基本的にマウスピースで歯が動くんだなと感心しました。

治療代を聞いてみると保険適用後でだいたい5,000ドル前後みたいです。

日本の半額以下ですね。

アメリカでは30歳、40歳でも歯列矯正をする文化です。

思ったときが始めどき。

それでも50万円は高いな、という方に本日紹介したいのがSmile Direct Clubです。

スポンサードサーチ

Smile Direct Club(スマイルダイレクトクラブ)とは

Smile Direct Club(スマイルダイレクトクラブ)は2014年に設立された比較的新しい会社です。

2019年9月にIPOを果たしました(Nasdaqです)。

WalmartやCVSなど流通大手と手を組んで広告をうっているのでどこかで目にしたことがあるかもしれません。

Smile Direct Club公式ホームページ($100割引)

Smile Direct Clubは通院不要で歯列矯正ができる画期的なプログラムです。

まず現在の歯並びを確認します。

方法は2種類あります。

1つ目はキット送付です。

キットを自宅に送付してもらい、自宅で歯型を作成します。

虫歯治療したことがある方は分かると思いますが、ガムのようなものを噛んで時間をおきます。

すると段々と硬くなり歯型が完成します。

その歯型を返送して終了です。

もうひとつの方法はクリニック訪問です。

クリニックといっても歯医者があるわけではなく、ちょっとしたブースです。

CVSを間借りしたりしています。

そこでスタッフにヒアリングされながら歯型を作成します。

驚いたのは3Dスキャンによって歯型を作成していきます。

ガムを噛むことなく、専用のプローブか何かで口の形を計測します。

何か口の周辺に当てているようだけど全然痛くないし、ちょっと時間が経てばいつの間にか自分の歯型が完成しているマジックです!

技術の進化は素晴らしいですね。

歯型データを送付し、専門の歯列矯正歯科医がチェックします。

そして歯並びがよくなる様子を動画で送ってくれます。

上下左右から始める前の歯型と半年後の歯型が比較できます。

1か月ごとのコマ送りもできます。

今回は妻のももちゃんの歯列矯正で訪問しました。

ブログ記事にするけど歯型公開してもいい?と聞いたら個人情報だから駄目と言われてしまったので、部分的に公開します。

始める前は前歯が少し出てしまっていますが、半年後の歯型を見るとすっかり綺麗になっていることがわかりますね。

後日届いたマウスピースBOXは以下の写真のようになっています。

5週間で届くとありましたが、サンクスギビングも挟んだので7週間くらい待ったと思います。

ホワイトニングやリップクリームもついていました。

Smile Direct Club紹介リンク($100割引)

Smile Direct Clubで歯列矯正にかかる期間

大人の歯列矯正は子どもより時間がかかります。

歯並び状態にもよりますが、1年から2年かかると思います。

さらに歯列矯正にかけた期間だけリテーナーといわれる綺麗な歯並びを固定する装置をつける必要があります。

2年間ワイヤーで歯列矯正し、2年間リテーナーで安定させる。

気が遠くなりますね。

Smile Direct Clubでは半年間で終わります。

半年間?

そうです、半年間我慢するだけで綺麗な歯並びが手に入るのです。

Smile Direct Clubは3Dプリンタによって歯型を計測し、半年後の綺麗な歯並びにあわせてマウスピースを作成します。

このマウスピースは1週間ごとに交換していきます。

週替わりなマウスピース

毎週新しいマウスピースに交換するので衛生状態も気になりません。

1週間経ったら新しい歯型のマウスピースを装着して古いのはどんどん捨てていきましょう。

正確に言えば第3週と第4週は同じマウスピースを使うので1か月に3つのマウスピースを装着します。

通院不要ですが中間地点の3か月後に写真を送付して専門医によるリモート診察が行われます。

半年経つと綺麗な歯並びになりますが、そのあとは従来の方法と同じようにリテーナーの期間があります。

半年以上の装着が推奨されますが、夜だけで構いません。

スポンサードサーチ

Smile Direct Clubの気になるお値段

定期的な通院不要、半年間で歯列矯正が終了するSmile Direct Club、気になるのはお値段です。

日本で歯列矯正すれば100万円以上、アメリカの従来のマウスピースでも50万円する歯列矯正ですが、Smile Direct Clubだと、なんと、、

$1,895

で出来てしまいます!

これは価格破壊っ!

日本の4分の1以下、アメリカの半額以下でできます。

そして期間も半年で歯並びがよくなり、リテーナー期間に突入します。

さらにただでさえ安いのですが、紹介リンク経由で$100割引されます。

割引後価格で、$1,795となります!

Smile Direct Club紹介リンク($100割引)

半年間のマウスピースとホワイトニングキットがついて20万円以下でできます。

正確には半年が経過したあとに装着するリテーナーは別途購入が必要で、$99かかります。

それでも格安です。

割引クーポン使えば無料でリテーナーがもらえるようなものです笑。

なぜこんなに安いのでしょうか。

理由は3Dプリンタによる歯型作成と、専門歯科医による通院不要が大きな理由です。

通常は歯列矯正専門の歯医者に見てもらい、1回のチェックで5,000円くらいかかってしまいますが、それがなくなります。

歯医者に見てもらわないと心配、という方もいると思いますが、歯医者はリモートで見ています。

時間のあるときにチェックできるから安くサービスが提供できるのです。

そういえば歯並び昔から気になっていたんだよなぁ、という駐在員の皆さん。

アメリカ赴任をきっかけに半年間だけ頑張って綺麗な歯並びを手にしませんか。

Smile Direct Clubレビューまとめ

今日はアメリカの歯列矯正事情を説明しました。

アメリカでは日本より安く歯列矯正でき、現在は3Dプリンタによるマウスピース型も流行りつつあります。

Smile Direct Clubでは日本の4分の1以下、アメリカの従来の価格の半額以下で歯列矯正ができます(なんと1,800ドル以下)。

まずは自分の歯型のスキャンをとって、どこまで歯並びがよくなるのか、確認してみてもいいかもしれません。

自分の紹介リンク経由で100ドル割引されますので、興味がある方はぜひ使ってみてください。

以上、参考になれば幸いです。

Smile Direct Club紹介リンク($100割引)