【何回でも返品可能?】アメリカのディスカウントスーパー、ウォルマート【Walmart】








こんにちは、レイです。

今日はアメリカのスーパー、ウォルマートについて説明します。

ももちゃん
ハワイにもウォルマートあるから知っている人が多いかも

スポンサードサーチ

ウォルマートについて

アメリカのスーパーといえば、ウォルマートをイメージします。

英語だとWalmartです。

それくらい店舗数が多いです。

トイザらスを倒産に追い込んだほどの幅広い展開で、食品に限らず、おもちゃやゲーム、お菓子、ジュース、衣服や家具、アウトドア用品やカー用品、電化製品などあり、ウォルマートに行けばほぼ全て揃うんじゃないかなというほど。店舗面積も日本では考えられないほどです。

それでいて値段が格安なんですよね。品質は値段相当なときもあるんですけど笑

クリスマスツリーは$20で買いました!日本で買ったら1万円以上するんじゃないかな。2m弱の大きさ。

同じくクリスマスシーズンに買ったアイシングクッキーは$6!クリスマス直前に$2まで値下げするほど笑

アボカドとかは$1で買えるし、肉も野菜もめちゃ安い印象を受けます。

ミネラルウォーターなんかはいつもここで買っています。40本入っていて$4程度。500ml1本あたりなんと10円!!

しかもレジでは店員が袋詰めしてくれます。

なんというサービス!

アメリカのスーパーではたいてい店員がやってくれるので非常に助かります。

ウォルマートは返品天国?

もうひとつのおすすめは返品し放題。購入日関係なくいつでも返品できます。日本みたいに1週間以内とかありません。

返品の方法は入口近くにあるサービスカウンターにまず行きます。

だいたい長蛇の列です。

ももちゃん
みんな返品するんだね

10分程度待つと自分の番になります。

レシートの有無で返金方法が変わってきます。

レシートがある場合。

おそらくクレジットカードで購入しているので、数日以内にクレジットカードに返金されます。

ももちゃん
一番簡単だね

レシートがない場合。

なんとレシートがなくても返品できます!

日本では考えられない!

つまりウォルマートで購入していなくても、返品できることになります。

理由はバーコード登録なので、同じ商品棚に置けるからとのこと。

やっぱアメリカ自由だなー

その代わり、どうやって購入したか(クレジットカードか現金か)分からないため、ウォルマートお買い物カードで商品代金分返ってきます。

ももちゃん
どうせウォルマートなんていつも行くから問題ないね

ウォルマートはアメリカらしさを感じるスーパーなのでぜひ行ってみてください♪