【英語学習】カランメソッドとは?ステージ1~5の学習時間を公開【ネイティブキャンプ】








こんにちは、英語学習が趣味のレイです。

今日は僕が日頃から使っているNative Camp(ネイティブキャンプ)の英語学習方法を紹介します。

英語学習方法を模索中のアメリカ駐在員やカランメソッドに興味あるけど本当に効果あるの?って方に読んで頂ければ幸いです。

目次【本記事の内容】

スポンサードサーチ

アメリカ駐在しているのに英語が伸びない理由

さて、読者の皆さんはなぜアメリカにいるのでしょう。

バリバリ帰国子女で英語も話せるキャリアパーソンはおそらくこの記事を読んでいないでしょう。

英語はかろうじてわかるけど業務都合でアメリカ赴任になってしまった、けどやっぱり英語を話せるようになりたい、って方が今この記事を読んでいると思われます。

何年間も駐在しているのに英語が全く話せない(それでもノリでなんとか仕事はできている)上司を何人も見てきました

せっかくの駐在機会ですので英語も上達して、成長した姿を日本に帰国して披露したくありませんか。

そんな方にオンライン英会話がオススメです。

アメリカ駐在しているにもかかわらず、英語が話せない理由はたったひとつ、自分の口で英語を話していないからです。

海外にいれば英語がペラペラ出てくるというのは幻想で、それが帰国後のハードルの高さにもなってきます。

「あの人、駐在帰りだからさぞかし英語が話せるのだろう」

と、周りからこそこそ言われること間違いありません。

ただし、ダラスに赴任して1年、経験上分かることはアメリカにいるだけで英語が自然と話せるようになることは間違いなくありえません

自らの意思で考え、自分の口で英語を話していくしかないのです。

少しでも英語に触れたい駐在員のためにオススメするのがオンライン英会話、ネイティブキャンプです。

1週間無料キャンペーンを実施中!

ネイティブキャンプとは

詳しくは以下の記事にまとめましたので参考にしてください。

月額定額制で話し放題です(月額5,950円 6,480円に値上げ)。

僕は平日1レッスン、週末2レッスンを目標にレッスン受講しています。

たまにサボりがちになるのでモチベーションの維持が一番大変です。

そんなときは英語学習ブログなどを拝見してモチベーションを上げています。

ネイティブキャンプについては、1週間無料お試しキャンペーンを実施しているのでぜひ以下のリンクから試しにレッスンを受講してみてください。

スポンサードサーチ

カランメソッドとは

カランメソッドとは通常の4倍の速さで英語が上達するといわれる英語学習方法です。

ステージは1~12まであり、ビジネスカランやキッズカランもあります。

なんとネイティブキャンプではカランメソッド(及びビジネスカラン、キッズカラン)のレッスンも提供しています。

駐在の期間も無限ではないため、任期終了までに英語を上達させるとなると時間を有効に使って英語を勉強したいはずです。

いっしょに精神と時の部屋で修業しましょう!笑

カランメソッドで英語力向上!

カランメソッドの学習時間目安は以下のとおりと言われています。

ステージ学習時間(目安)
ステージ110 時間
ステージ210 時間
ステージ310 時間
ステージ410 時間
ステージ515 時間
ステージ615 時間
ステージ715 時間
ステージ815 時間
ステージ915 時間
ステージ1015 時間
ステージ1115 時間
ステージ1215 時間
合計160 時間

ステージが進むごとに難易度も上がるのですが、目安となる学習時間が変わらないのもよく分かりません。

ネイティブキャンプでは25分のレッスンですが、最初の10分で復習次の10分で新しい単語や文章を教わり、最後の5分で前に学習した文章のリーディングとなっています。

復習の時間次第で最初の10分が8分にも15分にもなるので、新しいページに進むためにもできるだけ復習することをオススメします。

レッスン直前に1回読むだけでもかなり違います。

ステージ1~5の学習時間

ステージ1~5まで修了したのでこれまでの学習時間をステージごとに集計してみました。

ステージ学習時間(目安)学習時間(実績)
ステージ110 時間5 時間
ステージ210 時間10 時間
ステージ310 時間12 時間
ステージ410 時間15.8 時間
ステージ515 時間20.4 時間

学習時間の目安と言われている数字と比較すると少し多い印象です。

それは復習をまともにやっていないからです。笑

今日は流暢に先生のあとを追って英語が話せなかったなぁというときをのぞき、復習しませんでした。

少しでも復習していれば目安通りにレッスンが進んだのかもしれません。

ただしカランメソッドを受けてみるとわかるのですが、レッスン後はかなりクタクタです。

1対1の発言機会です。無理もありません。

オンライン英会話はマンツーマンのため発言が1対1になるのが理想ですが、実際はおしゃべりなフィリピン人相手だと聞き役になってしまうことも多々あり、先生の方が話している時間が長いです。

対してカランメソッドは先生の言った単語や文章を繰り返して発言するので完全に1対1の発言量となります。

スポンサードサーチ

カランメソッドの効果

毎日、現地社員と英語でやり取りしているのもあり、英語が赴任当初よりよくなったと言われるようになりました。

これもカランメソッドの効果があると思っています。

ステージごとの感想は以下のとおりです。

ステージ1:カランメソッドのレッスン受講方法のコツを掴んでいるうちに終わる。イギリス英語のギャップも感じる(Do you have a pen?がHave you got a pen?と言うなど)

ステージ2~4:コツはつかんだのでパターンが分かってくる。文章も短めなのでどこか頭の片隅に覚えていて脳内暗唱できるようになる。サクサク終わって多少物足りなく、早く次のステージに行きたい気持ちになる。

ステージ5:だんだんと難しく感じる。文章も長めになる。たまに覚えていない文章がスラスラ言えずにフラストレーションがたまる。復習しないと効率が悪くなる時期。

カランメソッドまとめ

ネイティブキャンプで受講可能なカランメソッドについてまとめました。

ステージ1~5の受講時間も紹介したのでこれからネイティブキャンプやカランメソッドのレッスンの受講を考えている方の参考になれば幸いです。

ネイティブキャンプでは1週間無料キャンペーンを実施しているのでもしよかったら雰囲気だけでも試してはいかがでしょうか。