【アメリカ】AMEXヒルトンクレジットカードを徹底比較

4枚のヒルトンクレジットカード

こんにちは、ヒルトンダイヤモンドのアポロです。

今日はアメリカAMEXが発行するヒルトン系クレジットカード4枚すべてを紹介します。

個別に1枚ずつ紹介したあと、比較表も掲載しています。

アメリカ滞在中にヒルトンクレカを作成したい、

日本のヒルトンクレカよりアメリカはお得って聞いたけどどれ作ろうかな、

そんな読者の方に有益な記事となっています。

ヒルトンはゴールド以上で朝食が無料になる大変ありがたいステータス制度。

日本にはないクレカ特典をいかしてホテルステイを楽しみましょう。

本記事の信頼性
  • アメリカのAMEXヒルトン系クレジットカード4枚すべて作成
  • 2019年からヒルトンダイヤモンド会員
  • コンラッド東京、コンラッド大阪、ROKU KYOTOなどに宿泊済み
  • 海外のWaldorf AstoriaやConradにも宿泊済み

目次【本記事の内容】

アメリカで発行できるヒルトンクレジットカードについて

ヒルトンブランドロゴ

アメリカで発行されるヒルトンクレジットカードは合計4枚あります。

すべてAmerican Express(AMEX;アメリカンエキスプレス)から発行されています。

マリオットBonvoyのようにChase銀行からは発行されていません。

1枚ずつクレカを紹介していきます。

  1. 【AMEX発行】アメックスヒルトンオーナーズクレジットカード【年会費無料】
  2. 【AMEX発行】アメックスヒルトンSurpassクレジットカード【年会費95ドル】
  3. 【AMEX発行】アメックスヒルトンAspireクレジットカード【年会費450ドル】
  4. 【AMEXビジネス】アメックスヒルトンBusinessクレジットカード【年会費95ドル】

アメリカのマリオットクレジットカード徹底比較記事はこちら⇒

【AMEX発行】アメックスヒルトンオーナーズクレジットカード【年会費無料】

Hilton Honors Card(ヒルトンオーナーズカード)

AMEXが発行するヒルトンオーナーズクレジットカード。

年会費無料ですが入会特典が8~10万ポイントと高いのでコンラッド東京にも宿泊できます。

旅行好きなら作っておいて損はないでしょう。

アポロのひとこと
年会費無料でコンラッドにも宿泊できる入会特典は魅力的

【AMEX発行】アメックスヒルトンSurpassクレジットカード【年会費95ドル】

Hilton Honors American Express Surpass Card

年会費95ドル、無料宿泊特典は付与されません。

クレカ保有でゴールド会員になれます。

ヒルトンゴールドは朝食無料になるのでヒルトン好きならゴールド以上になっておきたいところですね。

Surpass詳細レビュー記事は⇒

アポロのひとこと
クレカ作るだけで朝食無料になるゴールド会員になれる

【AMEX発行】アメックスヒルトンAspireクレジットカード【年会費450ドル】

Hilton Honors American Express Aspire Card

ヒルトン系クレカの最上級Aspireカード。

クレカ保有でダイヤモンド特典が付与されます。

年会費は450ドルと高額ですが、合計600ドルのクレジット(ヒルトンクレジット250ドル、エアラインクレジット250ドル、Waldorf/Conradに使えるクレジット100ドル)が付与され、プライオリティパスラウンジは利用無制限、さらに毎年ヒルトン系ホテルに無料宿泊できる特典が1泊もらえます。

コンラッドでもWaldorf AstoriaでもROKU KYOTOでも宿泊可能。

ヒルトン好きなら必携の一枚でしょう。

Aspire詳細レビュー記事は⇒

アポロのひとこと
ダイヤモンド会員が自動的に付与。

年会費高いが毎年の無料宿泊特典と250ドルのヒルトンクレジットで実質無料以上の恩恵

【AMEXビジネス】アメックスヒルトンBusinessクレジットカード【年会費95ドル】

Hilton Honors Business Card(ヒルトンオーナーズビジネスカード)

Surpassクレカとほぼ同じ特典です。

年会費95ドル、無料宿泊特典は付与されません。

ビジネスカードですが個人事業主として申請可能です。

ヒルトンBusiness詳細レビュー記事は⇒

アポロのひとこと
Surpassとほぼ同じ特典。

個人事業やっていないと申請できないけどビジネスやればチャンスはある

AMEXヒルトンクレジットカード比較表

4枚のヒルトンクレジットカード

アメリカで発行できる4枚のヒルトンクレジットカードを比較表にまとめてみました。

入会特典、年会費、ポイント還元率、クレカ特典など比較したい項目を網羅してあります。

クレカ作成検討の参考になればと思います。

HiltonSurpassAspireBusiness
入会特典80,000ポイント
(オファー時100,000ポイント)
125,000ポイント
(オファー時150,000ポイント)
150,000ポイント150,000ポイント
(オファー時165,000ポイント)
年会費無料95ドル450ドル95ドル
ヒルトン宿泊時のポイント付与7倍12倍14倍12倍
優遇されるポイント付与アメリカのレストラン、ガソリンスタンド、スーパーで5倍アメリカのレストラン、ガソリンスタンド、スーパーで6倍航空券、レンタカー、レストランで7倍航空券、レンタカー、アメリカのレストラン、ガソリンスタンド、送料、電話サービスで6倍
通常時のポイント付与3倍(共通)3倍(共通)3倍(共通)3倍(共通)
ヒルトンステータスシルバーゴールドダイヤモンドゴールド
宿泊実績0泊(追加なし)0泊(追加なし)0泊(追加なし)0泊(追加なし)
無料宿泊特典券なし年間15,000ドル利用で1泊付与・クレカ保有で毎年1泊(Waldorfやコンラッドでも利用可)
・年間60,000ドル利用で追加1泊付与
年間15,000ドル利用で1泊付与
プライオリティパス利用不可年間10回まで無制限年間10回まで
クレカ付帯のクレジット特典・ヒルトンクレジット250ドル(宿泊料金やレストランなどで利用可能)
・エアラインクレジット250ドル(航空券利用不可)
・Waldorf Astoriaやコンラッドで使える100ドル分クレジット(連泊、有償宿泊で利用可)
そのほか・クレカ保有だけでダイヤモンド特典はアメリカのみ(日本のヒルトンプレミアムカードは通常ゴールド、年間200万円利用でダイヤモンド)・Surpassと基本同じ待遇だが、航空券、レンタカー、送料、電話サービスで6倍がBusinessのみ優遇されている
・ビジネスカードのためChase 5/24ルールに適用されない(カウントされない)

【アメリカ】AMEXヒルトンクレジットカードを徹底比較まとめ

今日はアメリカで発行できる4枚のヒルトンクレジットカードを紹介しました。

  1. 【AMEX発行】アメックスヒルトンオーナーズクレジットカード【年会費無料】
  2. 【AMEX発行】アメックスヒルトンSurpassクレジットカード【年会費95ドル】
  3. 【AMEX発行】アメックスヒルトンAspireクレジットカード【年会費450ドル】
  4. 【AMEXビジネス】アメックスヒルトンBusinessクレジットカード【年会費95ドル】

比較表も作成したのでクレカ特典を見ながらお好みのヒルトンクレカをまずは一枚作成してみてはいかがでしょうか。

Aspireクレカなど持つだけでダイヤモンド特典が付与されるものもありますが、アメリカ在住経験がないと残念ながら作成できません。

日本帰国後も最大限に使い倒せるアメリカのヒルトンクレジットカード。

日米ともにヒルトンステイをいっしょに楽しみましょう。

以上、少しでも参考になれば幸いです。