プレイノダウンタウンに新規オープン!日本食EBESU Robata & Sushi(2019年7月プレオープン)








こんにちは、レイです。

今日はプレイノ市に新規開店した日本食レストラン、EBESU Robata & Sushiを紹介します。

スポンサードサーチ

EBESU Robata & Sushi

店名はEBESUです。

恵比寿(EBISU)ではありません。

EBESU公式ホームページ

EBESUの駐車場
ダウンタウンの駐車場(目の前)

店の目の前が駐車場となっていますが数に限りがあるので道を挟んだ駐車場に停めることになるかと思います。

ここはプレイノのダウンタウンと呼ばれますが、徒歩3秒(大げさ)のところにダウンタウンプレイノ駅(Downtown Plano Station)というDARTの駅がありました。

すっかり日が暮れて夜遅くまで飲んでいたのがバレる

お酒を飲まれる方はDARTか、配車アプリのUBERで来店しましょう。

2019年7月にプレオープンしましたが、2019年8月現在ランチ営業はやっておらず、月曜日が定休日となっています。

公式ホームページを見るとまだソフトオープン中とのことですので、グランドオープン後に営業時間が変わる可能性はあります。

店内の様子(個室もありました)

このEBESUですが、なんと日本にも系列店があります。

店名は違うのですが、銀座や丸の内など東京都内を中心に出店しているいろり家、べこ亭、ANTIBES、HANGOUTが挙げられ、この度、満を持してアメリカ初進出!

アメリカ1号店にプレイノを選ぶあたり、プレイノの勢いの良さを感じます。

EBESUは普通の日本食はあまり置いておらず、いい意味で一風変わった日本食で他のアメリカの日本食レストランと差別化しています。

チキンカリカリ揚げ(5個$10)。1個がでかくてジューシー。
Long "NIKU" Sushi ($25)

Long肉寿司はよく見ると途中で切れておらず、1本ものの寿司になっています。

食べづら(以下略)

極めつけは船上めし(山盛りいくら丼)でしょう。

船上いくら丼をご存じの方もいるかもしれませんが、溢れんばかりのイクラを存分に注いでくれます。

イクラ船上めしの一例(系列店いろり家より引用)

店員が景気づけに太鼓も叩いてくれます。

お値段はなんと$30

お茶漬けは$10~$12でお茶碗一杯程度(ちょっと物足らない量)でもあり、日本と比べるとやはり少々高いかなと感じてしまいます。

めんたい茶漬け($12)

日本食レストランによくある〆(しめ)のラーメンは置いていませんでした。

それでも味はたしかですのでぜひ一度足を運んでみてください。

以上、少しでも参考になれば幸いです。