テキサス州Geronimoでグランピング【テント宿泊】

Geronimo Creek Retreat








こんにちは、ダラス駐在員のレイです。

今日はオースティンとサンアントニオの中間、テキサス州Geronimoでグランピングしてきた時の話を紹介します。

コロナ禍での宿泊でしたがテント宿泊なので安心です。

自然たっぷりでデトックスもできました。

スポンサードサーチ

Geronimo Creek Retreat

Geronimo Creek Retreat

Geronimoは地名で、オースティンとサンアントニオの間にあります。

どちらかというとサンアントニオに近いですね。

Geronimo Creek Retreat公式ホームページ

宿泊は公式ホームページのみからとなります。

宿泊施設は3つのタイプがあります。

  1. Tree House
  2. Getaway Cabin
  3. Teepee

僕が宿泊したのはTeepeeスタイルです。

Teepeeは民族テントという意味ですね。

Geronimo Creek Retreat Geronimo Creek Retreat

木の家スタイルもちょっと憧れましたが二人だと広すぎるのとテントの方がアメリカっぽくて今しか宿泊できないかなと思い選択。

チェックインはメールで送られてくる暗証番号で行うので敷地内に係員やスタッフはいません。

当日のメールを待ちましょう。

写真で撮ると小さく見えるのですが、中に入るとベッドが3つも入っていて、天井も高く広い空間でした。

キッチンも完備されています。

冷蔵庫や食器類もあるので自炊もできます。

お風呂やトイレは徒歩10秒のところに別にあり、各部屋に専用に与えられます(部屋に入るときと同じ暗証番号でトイレも入る)。

キャンプ地にしてはトイレもシャワーもかなりきれいでした。

Geronimo Creek Retreat

Teepeeの目の前には池がありました。

泳いでもいいと看板にはありましたが10月下旬ということもあり、誰もいませんでした。

そもそもこの池は泳ぐ用なのだろうか。

Teepee目の前のハンモックでももちゃんとお昼寝してリラックス。

Teepee以外の宿泊施設も紹介しておきます。

まずGetaway Cabinです。

ピックアップトラック乗ったいかにもテキサンな方々がBBQやっていました。

次にTree House。

木の家は憧れますが、やはり二人宿泊には広すぎるかなと。

子どもいたらテンション上がること間違いありません。

お風呂もあったのですが、コロナ禍で残念ながらクローズ。

プレイルームはオープンしていました。

ビリヤードとかボードゲームとかいろいろありましたが、なんとなくコロナ感染が怖かったので遊ばず。

ビーチバレーもアメリカ人が好きなイメージありますね。

Tree Houseの近くに川があり、カヌーやってる猛者もいましたが、水の中を泳いでいる少年からはめっちゃ冷たいとの一言をいただきました。

そりゃそうでしょう、10月だもの。

夏に来たら多くの人で賑わってそうですね。

食事は近くのニューブラウンフェルズのイタリアンでパスタを食べました。

ここでBBQとかできたらアメリカ人なんでしょうが、まだまだキャンプ初心者。

金で解決します。

写真撮り忘れた方のトマト系パスタの方が美味しかった。

パスタ

宿泊料金は100ドルからなんですが、清掃料金とかいろいろ手数料入れると1泊200ドルくらいにはなります。

テント宿泊という貴重な体験ができるので大満足でした。

普段、高級ホテルばかり泊まっている方もたまには自然の中で過ごすとデトックスにもなりますよ。

テキサス州Geronimoでグランピングまとめ

Geronimo Creek Retreat

今日はテキサス州Geronimoでグランピング宿泊してきたときの話をしました。

グランピングは日本でも注目を集めている宿泊体験。

テキサス州も広大なので自然があります。

ダラス周辺は割と都会ですが、オースティン周辺は自然で溢れています。

ヒルトンやマリオット、ハイアットのような高級ホテル宿泊もセレブですが、たまには大自然の中で宿泊すると人間らしさが戻ってきます。

テキサス駐在中に一度はグランピングできるといいですね。

Airbnbでもグランピングできる施設は多いのでいろいろと調べてみるといいでしょう。

以上、少しでも参考になれば幸いです。

Airbnb紹介リンク経由の宿泊でお得に旅行

オースティン周辺の素敵な宿はこちら⇒