アラスカの氷河クルーズツアー(バルディーズ)








こんにちは、レイです。

アラスカといえば冬のオーロラのイメージが強いですが、夏の観光もオススメできます。

夏のアクティビティのひとつとして氷河クルーズツアーが挙げられます。

目次【本記事の内容】

スポンサードサーチ

氷河の町、バルディーズ(Valdez)

氷河はアラスカでいくつもあるのですが、僕たちは今回Valdezという町で行っている氷河ツアーに参加しました。

アンカレッジからは車で5時間以上かかります。

アラスカは山も多く、道が一本道で、迂回しなければならないときが多々あります。

直線距離では近いんですけどね。

アンカレッジから直行便も出ているので飛行機もオススメです。

一括検索のスカイスキャナーでアンカレッジ(ANC)からバルディーズ(VDZ)まで検索してみてください。

JAL関連会社のJALパックだと簡単に氷河ツアーが手配できるのでそちらもオススメです。

Valdezでは氷河ツアーが有名ですが、町自体はレストランやホテルも多く賑わっていました。

氷河クルーズツアー

特にアラスカの氷河事情に詳しいわけでもないので適当にインターネットで検索して、Stan Stephensというクルーズ会社を選びました。

Stan Stephens Glacier & Wildlife Cruises公式サイト

Stan Stephens Glacier & Wildlife Cruises

https://www.stephenscruises.com/

氷河ツアーは2019年8月現在、MEARES氷河とCOLUMBIA氷河の2つがあります。

MEARES氷河は大人ひとり$170、COLUMBIA氷河は大人ひとり$135で、MEARES氷河はCOLUMBIA氷河をスルーしながら(近くでは見れない)より遠くまで行くのでなんとなくこっちのほうがいろいろ見れそうだなと思い、MEARES氷河ツアーを選択。

オンラインで事前予約しておきました。

いざ出発。

操縦エリアも普通に入ることができ、双眼鏡持ったお兄さんと協力しながら氷河へ向かいます。

双眼鏡では海の生き物を必死に探していました。

途中で流氷ゾーンがありましたが、いい感じに船に揺られていたので二人とも寝落ち。

ちょっと写真撮るだけで終わってしまいました。笑

シャチはしっかり撮影できました。

シャチの次は大量の黒い生き物を発見!

ズームしてみるとラッコでした。

気持ちよさそうに泳いでいました。

途中で見れる海の生き物、野鳥などを観察しながら船の上で待つこと数時間、ようやく目的地の氷河が見えてきました。

ここぞとばかりにみなさん船外に出て待ちわびます。

二人程度、氷河も見ずに船内にいたままの観光客がいたのですが、なぜ来たのか不思議でした。

きっと家族旅行とかで多数決で負けてしまったのでしょう。

いよいよ氷河
MEARES氷河
これくらいの距離まで近づけます

氷河自身も迫力がありましたが、氷河が溶けて海面に落ちる音はさらに迫力がありました。

周りが静かで何も雑音がない分、ものすごい音が響きます。

次の2枚の写真はちょっとわかりにくいのですが、氷河が海面に落ちる瞬間を撮影しています。

よく見ると水しぶきが上がっています。

氷河が溶け落ちるタイミングは自然相手ですので読めませんが、感覚的には5分に1回、どこかで溶けていました。

氷河の反対側で溶けていることもありました。

MEARES氷河近くでは氷上でアザラシが日向ぼっこしていました。

氷河では係員の人が氷河のアイスを獲ってくれました。

説明する係員
9割が海面に沈んでいます

氷山の一角といいますが本当でした。

氷の密度が920kg/m3、海水の密度が1025kg/m3 であるため10分の1しか浮かないことも計算から導かれます。(920÷1025はほぼ0.9)

こうやって横から見ると一目瞭然ですね。

氷河見たあと港に帰る途中に大量のオットセイに遭遇しました。

オットセイ

大量の鳴き声はちょっと気持ち悪かったです。

パフィンなんかの野鳥も見れます。

アラスカといえばパフィン

ちなみにランチは出ないので各自持ってくるようにと案内メールにはあったのですが料金に含まれていました。

しかも下船直前にはクラムチャウダーまで配ってくれて大満足。

氷河ツアーが終わったのが午後5時過ぎ。

お土産を少し見たあとはValdezの町を出て、予約していたホテルまで車を走らせました。

日没が夜10時過ぎで次の日チェナ温泉まで移動する必要があったので2時間くらいドライブしたところを選択。

うさぎ大好きなオーナーが夫婦で家庭菜園しながら部屋を提供しているところで、Airbnbのような感じでした。

ももちゃんのイメージにピッタリくるような部屋だったらしく、テンション上がって喜んでくれました。

次の日のドライブではきれいな湖がありました。

本当はデナリ国立公園で見るべき湖だったのですが、天候に恵まれず。。

スポンサードサーチ

アラスカ氷河ツアーまとめ

今回はアラスカ州バルディーズの氷河クルーズツアーを紹介しました。

氷河ツアーは夏がシーズンですので避暑地としてもピッタリです。

冬本番のコートまで着る必要はなく、クルーズ中もアザラシやオットセイ、パフィンやシャチなどを見ながら氷河まで連れていってくれて楽しめます。

氷河が溶けて水面に落ちるときの音は衝撃的です。

以上、参考になれば幸いです。

氷河クルーズ後の写真