Red Robinグルメバーガー








こんにちは、レイです。

今日のバーガーレポはRed Robinです。

サイドメニューがおかわり自由、バーガーの味もクセになる美味しさで、何度も足を運んでいます。

スポンサードサーチ

Red Robin Gourmet Burgers and Brews(レッド・ロビン・グルメバーガーズ )

どうやってこのお店を知ったか覚えていないのですが、おそらく誰かの紹介だったと思います。

Google mapにお気に入り登録されて、いつか行ってみたいお店でした。

ある日、ハンバーガーが無性に食べたくなったので、ついに来るべき日が来ました。

Red Robin公式サイト

日曜の19時過ぎでしたが、割と待っている人が多かったです。

店内をよく見ると空席がちらほらあったので、シフトの関係で店員が少なかったのでしょう。

よく見ると右手にはバーガー持ってます。

20分くらい待つと呼ばれました。

めちゃめちゃお茶目なおじさんが対応してくれました。(しいて言えばケンタッキーのカーネルおじさんのようでした)

店内の様子

店内はスポーツバーのような内装で、この日はNBAバスケをひたすら流していました。

この日はトロント・ラプターズ対ミルウォーキー・バックスでしたが、延長戦の結果、トロントが勝ちました。

かなりの接戦でスポーツファンとしては釘付けでした。

そうこうしているうちに注文していたバーガーが運ばれてきました。

初めて来たお店はたいてい店名の入ったメニューを注文します。

この日もRed Robinバーガーを注文しました。

パテ、ベーコン、レタス、チーズ、トマトに加えて目玉焼きがのっていました。

目玉焼きはアメリカでは両面焼きが普通ですので、日本のように片面焼きを希望する場合はSunny side upといいましょう。

バーガーを注文するとサイドメニューが無料でつき、おかわり自由となります。

安定のフライドポテトを選択しましたが、1本1本が大きかったです。

ももちゃんはおかわりして無限ポテトを楽しんでいました。

サイドメニューはポテトのほかにもコールスローやサラダなどもありました。

ソフトドリンクは別売りで$3程度です。

ビールも売られていますのでスポーツバーのようにビールやアルコールを嗜むのもいいかもしれません。

まとめ

日曜夜にRed Robinグルメバーガーに行ってきました。

店内はスポーツバーのようで、店員はお茶目で、楽しい雰囲気でした。

バーガーの種類も多く、飽きさせないメニュー展開。

ひとつ選ぶのにも非常に悩みました。

サイドメニューも選べ、おかわり自由。

もう一度来ること、間違いありません。

以上、参考になれば幸いです。

最近のバーガー食べ歩きはこちら。