ハイアットブランドエクスプローラー達成!異なる5つのブランド宿泊で無料宿泊特典ゲット(カテゴリー4まで)

hyatt-brand-explorer

こんにちは、旅行大好きアポロです。

ヒルトンとIHGはダイヤモンド、マリオットはプラチナステータスを保持しています。

で、ハイアットはどうなの?と言われてもグローバリストでもなんでもありません。笑

そんなハイアット平民ですがコツコツ貯めてブランドエクスプローラーを達成しました!!

無料宿泊特典がゲットであります。

今からどこ泊まろうかワクワクであります。

今日はハイアットのビンゴ特典でもあるブランドエクスプローラーについて詳しく説明していきます。

目次【本記事の内容】

ハイアットのブランドエクスプローラーアワードとは

hyatt-brand-explorer

ハイアットのブランドエクスプローラーアワードとは、異なる5つのブランドのハイアット系列ホテルに宿泊する度に、カテゴリー4までのホテルで利用できる無料宿泊特典1泊分がもらえるプロモーションキャンペーンのことです。

5つの異なるブランドの宿泊期間は特に制限なく、アカウントを保有していればずっと有効です。

たとえば1年に1ブランドずつ、5年で5ブランド達成でもOKです。

料金を支払う場合のほかにポイント宿泊、無料宿泊特典を利用した場合でもブランドが異なればカウントされます。

ただしハイアット公式サイト以外の旅行サイト経由で予約するのは対象外になります。

スタンプラリーやビンゴのようなイメージで、5ブランド宿泊すると自動的に無料宿泊特典が付与されます。

私はグランドハイアット、ハイアットリージェンシー、ハイアットハウス、ハイアットセントリック、そしてハイアットジラーラの5ブランドで達成しました。

ハイアットジラーラはメキシコカンクンにあるオールインクルーシブホテルなので宿泊実績ある方はなかなか珍しいでしょう。笑

以下、ハイアットの公式ホームページの抜粋です。

5つの異なるブランドのホテルにそれぞれご滞在いただくと、ブランド・エクスプローラー・アワードとして無料宿泊1泊分をプレゼントいたします。詳細は次の通りです。

適用客室料金のお支払い、ポイントのご利用、または獲得された無料宿泊特典のご利用のいずれかの方法でハイアットの5つのブランドのホテルにご宿泊いただいたお客様に、カテゴリー1~4のホテルでの無料宿泊特典1泊分を進呈いたします。

会員資格の有効期間内に、ハイアットの異なる5つのブランドにご宿泊いただくと、その度に無料宿泊特典1泊分をご獲得いただけます。

対象となる滞在がブランド・エクスプローラー・アワード獲得の対象としてカウントされるためには、ご宿泊のホテルがワールド オブ ハイアットに参加している必要があります。

https://world.hyatt.com/content/gp/ja/landing/brand-explorer-award.html

ハイアットブランドはいくつあるのか(2023年7月時点で28種類)

ハイアットブランド(カラフル)

ハイアットブランドはいくつあるのか。

2023年7月時点で28種類ありました。

異なる5つのブランドで1泊無料になるので、全種類泊まれば計算上は5ホテル×5回=25のため、最大5泊分のブランドエクスプローラーアワード(無料宿泊特典)が付与されます。

ただし後述するように日本国内に展開しているブランドは数が限られており、海外旅行時に珍しいブランドに泊まったとして頑張っても2泊分までが限界です。

ハイアットブランドは毎年のように増え続けているので将来的に30ブランドとなり、最大6泊分の無料宿泊特典がもらえることになるかもしれません。

現時点のハイアットブランドを列挙しておきます。

  1. パーク ハイアット
  2. グランド ハイアット
  3. ハイアット リージェンシー
  4. ハイアット プレイス
  5. ハイアット ハウス
  6. ハイアット
  7. ユアコーブ
  8. ハイアット レジデンス クラブ
  9. ミラバル
  10. アリラ
  11. アンダーズ
  12. トンプソン ホテルズ
  13. Dream Hotels
  14. ハイアット セントリック
  15. キャプション by Hyatt
  16. アンバウンド コレクション by Hyatt
  17. デスティネーション by Hyatt
  18. JdV by Hyatt
  19. Impression by Secrets
  20. ハイアット ジーヴァ
  21. ハイアット ジラーラ
  22. Zoëtry Wellness & Spa
  23. Secrets Resorts & Spas
  24. Breathless Resorts & Spas
  25. Dreams Resorts & Spas
  26. Hyatt Vivid
  27. Alua
  28. Sunscape Resorts & Spas

日本国内でブランドエクスプローラーを達成するには

ワールドオブハイアット

日本国内でブランドエクスプローラーを達成するには異なる5つのブランドに宿泊しないといけません。

ただし日本にはハイアットブランドの数が進出予定含めても9つしかありません。

(キャプション by Hyattは2024年に大阪で開業予定)

ブランドエクスプローラーを達成するには2023年時点では8ブランドの中から5ホテルに宿泊する必要があります。

  1. パーク ハイアット
  2. グランド ハイアット
  3. ハイアット リージェンシー
  4. ハイアット プレイス
  5. ハイアット ハウス
  6. アンダーズ
  7. ハイアット セントリック
  8. アンバウンド コレクション by Hyatt
  9. キャプション by Hyatt(2024年に大阪で開業予定)

参考までにハイアットブランドごとにまとめた日本国内のハイアット系列ホテルを紹介していきます。

ブランドエクスプローラー達成のために宿泊すべきブランドが一目で分かると思います。

パーク ハイアット

  1. パークハイアット東京(カテゴリー7)
  2. パークハイアットニセコ(カテゴリー8)
  3. パークハイアット京都(カテゴリー8)

グランド ハイアット

  1. グランドハイアット福岡(カテゴリー4)
  2. グランドハイアット東京(カテゴリー6)

ハイアット リージェンシー

  1. ハイアットリージェンシー東京ベイ(カテゴリー4)
  2. ハイアットリージェンシー横浜(カテゴリー4)
  3. ハイアットリージェンシー東京(カテゴリー4)
  4. ハイアットリージェンシー那覇沖縄(カテゴリー4)
  5. ハイアットリージェンシー京都(カテゴリー5)
  6. ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄(カテゴリー5)
  7. ハイアットリージェンシー箱根(カテゴリー6)

ハイアット プレイス

  1. ハイアットプレイス京都(カテゴリー3)

ハイアット ハウス

  1. ハイアットハウス金沢(カテゴリー3)

アンダーズ

  1. アンダーズ東京(カテゴリー7)

ハイアット セントリック

  1. ハイアットセントリック金沢(カテゴリー4)
  2. ハイアットセントリック銀座東京(カテゴリー6)

アンバウンド コレクション by Hyatt

  1. 富士スピードウェイホテル(カテゴリー6)

ブランドエクスプローラー無料宿泊特典の使い方

カテゴリー4までのホテルが1泊無料、有効期限は1年間。対象ホテル宿泊後すぐにアカウントに反映

ブランドエクスプローラー無料宿泊特典の使い方を復習していきます。

異なる5つのブランドに宿泊すると無料宿泊特典が自動的に付与されます。

この無料宿泊特典はカテゴリー4までのホテルに利用できます。

スタンダードルームのみですのでご注意ください。

カテゴリー4だと15000ポイント相当ですね。

(ピーク時で18000ポイント相当、オフピーク時で12000ポイント相当)

無料宿泊特典はピーク時でも空室があれば利用可能です。

そのためカテゴリー3のオフピーク時(9000ポイント相当)とカテゴリー4のピーク時(18000ポイント相当)では倍の違いがあります。

行きたいときに行くのがベストですが、金額価値を考えるならカテゴリー4のピーク時(たとえば夏の沖縄とか)で使うのがお得感がありますね。

有効期限は発行から1年間で、対象となる5つ目のホテル宿泊直後にすぐに無料宿泊特典がアカウントに反映されます。

ブランドエクスプローラーで無料宿泊特典がもらえた場合、日本でどのホテルが適用されるのか。

カテゴリーごとに見ていきましょう。

日本国内のカテゴリー4までのホテル一覧(2023年最新版)

日本国内のカテゴリー4までのホテルを一覧にしてまとめました。

毎年3月頃にカテゴリーの見直し、変更があります。

今年カテゴリー4でも来年カテゴリー5になっているホテルもあるので気を付けてください。

カテゴリー1&カテゴリー2(対象ホテルなし)

カテゴリー1とカテゴリー2は日本国内には対象ホテルがありません。

2023年6月末まではハイアットリージェンシー大阪がカテゴリー2でしたがプリンスホテル系列として再スタートしハイアットから外れてしまいました。

カテゴリー3およびカテゴリー4で使っていきましょう。

カテゴリー3

日本国内ハイアット系列ホテルのカテゴリー3は「ハイアットハウス金沢」と「ハイアットプレイス京都」の2つがあります。

  1. ハイアットハウス金沢(カテゴリー3)
  2. ハイアットプレイス京都(カテゴリー3)

ハイアットプレイス京都は2022年までカテゴリー4だったので意外な穴場なのかもしれません。

ハイアットハウス金沢は隣にハイアットセントリック金沢があり、そちらはカテゴリー4でどちらも使えます。

できればいいホテルで使いたいので金沢で無料宿泊特典を使うならハイアットセントリック金沢で宿泊した方がいいのでは、と思います。

カテゴリー4

日本国内ハイアット系列ホテルのカテゴリー4は以下の6つがあります。

  1. ハイアットリージェンシー東京ベイ(カテゴリー4)
  2. ハイアットリージェンシー横浜(カテゴリー4)
  3. ハイアットリージェンシー東京(カテゴリー4)
  4. ハイアットセントリック金沢(カテゴリー4)
  5. グランドハイアット福岡(カテゴリー4)
  6. ハイアットリージェンシー那覇沖縄(カテゴリー4)

関東に3つ、金沢、福岡、沖縄と幅広くあるのでどこかで使えるでしょう。

横浜と東京は2022年にカテゴリー3から4にアップがありました。

また同じ年にハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄がカテゴリー4から5になった関係で無料宿泊特典の対象外になってしまったのが痛いですかね。

個人的にはグランドハイアット福岡とハイアットセントリック金沢に泊まってブランドエクスプローラーを達成したので、他の4か所(すべてハイアットリージェンシー)に新しく泊まってみたいかなと考えています。

ハイアットブランドエクスプローラーで無料宿泊特典ゲットまとめ

hyatt-brand-explorer

今日はハイアットのブランドエクスプローラーアワードについて説明してみました。

ブランドエクスプローラーは異なる5つのブランドに宿泊することでカテゴリー4までのホテルに無料宿泊できるようになるハイアット独自のプログラムのことです。

私個人としても5ブランド達成して無料宿泊特典をゲットできました。

日本で達成するには8ブランドから5つ選んで宿泊する必要がありますし、パークハイアットやアンダーズなどは高級ホテルなので簡単には宿泊できません。

ブランドエクスプローラーの無料宿泊特典狙いで宿泊するよりも気が付いたら4ブランド宿泊していたので最後の5つ目を狙う気持ちでいた方がいいかもしれません。

本記事を参考にしてブランドエクスプローラーを達成し、カテゴリー4までのホテルに無料で宿泊できる日が来たらいいですね。

以上、少しでも参考になれば幸いです。