【宿泊レビュー】2020年7月オープン!ヒルトン沖縄瀬底リゾート

ヒルトン瀬底リゾート








こんにちは、高級ホテル好きのアポロです。

今日はヒルトン沖縄瀬底リゾートの宿泊レビュー記事となります。

ヒルトンポイントを利用して無料宿泊でき、ダイヤモンドステータスによって部屋のアップグレードがありました。

2021年11月に宿泊したときのはなしです。

目次【本記事の内容】

ヒルトン沖縄瀬底リゾートについて

ヒルトン沖縄瀬底リゾートは2020年7月に開業したばかりのホテルです。

タイミング悪くコロナ禍でのスタートとなっていますが宿泊者は順調に来ているのでしょうか。

少し心配です。

と思っていましたが朝食会場を見る限り、オフシーズンですが結構賑わっていました。

沖縄は観光業がメインのようなものですのでこれからも多くの観光客でにぎわうといいですよね。

ヒルトン沖縄瀬底リゾート公式サイト

ヒルトン瀬底リゾート

アクセス

ヒルトン瀬底リゾート

ヒルトン瀬底へのアクセスは那覇空港から車で1時間30分程度です。

本島の真ん中に位置しているので那覇空港からは少し離れます。

その代わりに美ら海水族館にはかなり近づけます。

高速料金は空港からホテルまで片道1000円でした。

駐車場は無料です(有料駐車場ですが宿泊中は無料になる入場券もらえます)。

周辺にコンビニはないので観光ついでにどこかに寄っておいたほうがいいでしょう。

車で5分の場所にMax Valueならありました。

ウェルカムドリンクでマンゴージュースがフロント近くに置いてありました。

ヒルトン瀬底リゾート

部屋

ヒルトン瀬底リゾート

エグゼクティブルームにアップグレードがありました。

ラウンジがある9Fです。

部屋のレイアウトはどれも基本同じなので広くなるわけではないです。

ラウンジ行くのにエレベーター乗る必要がなくなるくらいですね、メリットは。

ヒルトン瀬底リゾート
ヒルトン瀬底リゾート

アメリカを思い出すアメニティ

ヒルトン瀬底リゾート

ささやかな特典でウェットティッシュと除菌スプレー、マスクケースもらいましたが、これもダイヤモンドステータス特典みたいです。

ヒルトン瀬底リゾート

ラウンジ

ヒルトン瀬底リゾートラウンジ

ヒルトン瀬底はラウンジがあります。

利用者はエグゼクティブルーム、スイートルーム宿泊者かダイヤモンドステータスのみです。

僕はダイヤモンドステータスだったので無料で利用できました。

こういうときにステータスのありがたみを感じますよね。

営業時間は10時から16時がオールデイスナック、17時から19時がイブニングカクテルです。

オールデイスナックは軽食とちょっとしたジュースが置いてあります。

イブニングカクテルはスタッフもいて利用者も多く賑やかでした。

沖縄らしくオリオンビールがあり、ドリンクは全て飲み放題!

オリオンビール

オジー自慢のオリオンビール♪

食事はちょっと少なめでしたが頑張ればレストラン利用しなくても生き延びれるかな、やっぱりちょっと少ないかなというメニュー数でした。

グルクンという魚のから揚げが沖縄らしく美味しかったです!

ヒルトン瀬底リゾートラウンジ

イブニングカクテルのギャラリー写真はこちら⇒

プール

ヒルトン瀬底リゾート

ヒルトン瀬底のプールはインドアプールとアウトドアプールがあります。

僕は11月下旬に宿泊しましたがインドアプールはお子さん連れの家族を中心に大盛況でした。

アウトドアプールは11月末まで利用できますが、さすがに入っている人はいませんでしたね。

12月からの冬シーズンは完全クローズです。

朝食後にインドアプール覗いたらファミリーがたくさんいました。

水着持っていきましたがここでは泳がずリッツカールトン沖縄で泳ぎました。

ヒルトン瀬底リゾート

そういえば今話題の軽石もたくさんありました。

オフシーズンだからまだいいかもですが、場所によっては船が出せずマリンスポーツや釣りなどが一切できないので困っているらしいです。

夏には軽石のない綺麗なビーチが見れるといいですね。

軽石

朝食(ダイヤモンド特典あり)

ヒルトン瀬底の朝食、会場はアマハジというレストランで、僕が宿泊したときはアジアンフェアをやっており、トゥクトゥクも置いてありました。

トゥクトゥク

朝食はビュッフェスタイルで好きなものを食べ放題!

3600円でしたがゴールドステータス以上で無料になります!

僕もダイヤモンドステータスで無料になりました!

沖縄そばとかゴーヤチャンプルーとかミミガーとか沖縄らしいメニューも多数ありました。

ヒルトン瀬底リゾート朝食

沖縄そば

ヒルトン瀬底リゾート朝食

 ミミガーとか

ヒルトン瀬底リゾート朝食

スーパーフードもあるよ

朝食ビュッフェのギャラリー写真はこちら⇒

ダイヤモンド特典でさらにスムージーなどが追加でもらえる待遇の良さ!

ありがたく日替わりでもらっておきました。

ダイヤモンド特典の特別メニューはこちら⇒

ヒルトン瀬底リゾート朝食

3泊したので日替わりスムージーや瀬底パンケーキ、ジーマーミ豆腐など飽きずに楽しめました。

シスクグリルのディナー(ステーキ&シーフード)

ヒルトン瀬底リゾートディナー

せっかくなのでディナーも一度利用しました。

イタリアンレストランもホテル内にあるのですがコロナ禍ということでクローズ中。

シスクグリルというグリルレストランを利用しました。

アラカルト中心のアマハジでもアラカルトを中心に注文できます。

さて。

シスクグリルではコース料理を注文しました。

TIDA(ティーダ)という11,000円のコース。

日本のヒルトン系列ホテルでコース料理は初めてかもしれません。

シェフおすすめのメニューが来るのを楽しみに待っていると、、

ヒルトン瀬底リゾートディナー

前菜が運ばれてきました!

おしゃれな盛り付け!

ヒルトン瀬底リゾートディナー

沖縄県産かぼちゃのスープ!

レモンやチーズも入っていました。

ヒルトン瀬底リゾートディナー

雑誌の表紙になってもおかしくないメインディッシュ!

沖縄は豚肉のイメージ強いですが鮮魚もとれますよ。

ヒルトン瀬底リゾート

食後はデザートとコーヒーもしくはハーブティーがもらえます。

普段はコーヒー派なんですが、この日はハーブティーを選択。

ヒルトン瀬底リゾートディナー

レストランは100席以上あるのですが空席が目立ちました。

僕らがラウンジで1杯飲んだあとに行ったときは(たしか19時30分ごろ)、5組程度とちらほら。

まぁ平日でしたが。

早く観光需要が戻ることを切に願います。

周辺の観光スポット

ヒルトン瀬底リゾート周辺の観光スポットを紹介していきます。

沖縄観光の定番、首里城なども行きましたがちょっと遠いのでここでは省略。

美ら海水族館

ヒルトン瀬底に宿泊するならおそらく行くであろう美ら海水族館。

なんと宿泊者なら当日券より安く購入できちゃいます!

コンビニでも前売り券は売っていましたが、さらに安い価格で提供!

部屋付けにできないのでその場でクレジットカード支払いする必要があり、ポイント付与などはありません。

チェックイン時に詳しい案内がありますが、瀬底リゾートまで来たならジンベイザメも見て帰ってね。(なぜか僕もオススメする)

ジンベイザメ ジンベイザメ

今帰仁城

世界遺産です。なきじんじょうと読みます。

城跡なので天守閣みたいなものはないです。

(そもそも沖縄には天守閣のある城はないです。歴史的に琉球王国なので日本本土とは文化が違います)

大学時代の友人と来たことがあり、ちょっとノスタルジーを感じました。

ネットの事前予約だと安いです。美ら海水族館からも近いのでセットで観光する人が多いです。
今帰仁城20%割引券(外部リンクにとびます)

今帰仁城

やんばる国立公園

観光スポットは南に偏っているのですがヒルトン瀬底まで来たなら北部まで行くのもオススメです。

僕はせっかくなのでやんばる国立公園までドライブしてきました。

大石林山というハイキングスポットがあります。

子どもでも楽しめるコースですので老若男女楽しめます。

1時間から2時間で歩けます。

悟空岩

悟空岩

おっす!おら悟空!

大石林山

パワースポット

コロナ禍でも石に触れました。

骨盤石もあり、安産祈願で訪れる人も多いそう。

大石林山

ネコに見える岩

御願ガジュマル

沖縄といえばガジュマルだけど、大石林山の御願ガジュマルは壮大だった。

あとヤンバルクイナも忘れてはいけません。

沖縄北部にしか生息していない鳥です。

展望台

ちょっと不気味なヤンバルクイナ展望台

展望台

展望台から臨む岬

ヤンバルクイナ生態展示学習施設

ヤンバルクイナの施設もあります。

有料ですが滅多に見れないのでヤンバルクイナを見て帰りました。

チョコボみたいで可愛い。

ヤンバルクイナ

ヒルトン沖縄瀬底リゾート宿泊レビューまとめ

今日はヒルトン沖縄瀬底リゾートの宿泊記事となりました。

2020年7月に開業したヒルトン系ホテルです。

ホテルの朝食はビュッフェスタイルなんですが、ダイヤモンド会員だと特典で日替わりスムージーなどが飲めます。

ラウンジはダイヤモンド会員になれば誰でも入れます。

クレカ特典など活用して優雅なホテルライフにしちゃいましょう。

空港から1時間30分程度の場所にありますが、美ら海水族館へのアクセスは抜群。

せっかくなら本島北部にあるやんばる国立公園、大石林山やヤンバルクイナも見れたらいいですね。

以上、少しでも参考になれば幸いです。