アメリカン航空Citi AAdvantage Platinum Selectクレジットカード








こんにちは、ダラス駐在員のレイです。

今日はアメリカン航空のクレジットカードをレビューします。

先日無事に作成でき、本当ならもっと早く作成したかったのですが、銀行系クレカということで難航しました。

目次【本記事の内容】

スポンサードサーチ

Citi AAdvantage Platinum Selectクレジットカード

アメリカン航空のクレジットカードは何枚も種類があります。

僕が作成したCiti AAdvantage Platinum Selectは、Citi銀行が発行するもので、アメックスよりもChase銀行よりも作成が難しかったです。(個人的感想)

年会費は初年度無料、2年目から99ドル請求されます。

エアライン系のクレジットカードということでトラベル系に強いです。

マスターカードなのでアメックスが使えないシーンでも重宝します。

ちなみにアメリカン航空の本社はテキサス州フォートワースにあり、ダラス駐在中の僕も出張で飛行機に乗るときはだいたいDFW空港からアメリカン航空に乗ります。

アメリカン航空はワンワールド系のマイレージで、日本だとJALといっしょのマイレージアライアンスです。

Citi AAdvantage Platinum Selectクレジットカードのメリット

入会ボーナスポイントは50,000マイル

入会ボーナスは50,000マイルです。

3か月以内に2,500ドル利用でゲットできます。

僕が渡米したころはもっとボーナスが多く、60,000や70,000マイルあったと思いますが、アメリカン航空がだんだんと渋ってきています。

アメリカン航空のマイルの価値ですが、1マイル1.4セントと僕は計算していますので、50,000マイルは700ドル相当の価値があります。

最低でも1マイル1セントの価値はあるので500ドルは固いですね。

アメリカン航空クレジットカード(Citi AAdvantage Platinum Select)

レストランやガソリン利用でマイル獲得は2倍

基本は1ドル利用につき1マイル付与されますが、以下のカテゴリーは2倍になります。

貯まったマイルは18か月間有効ですが、マイルに動きがあれば期限延長されるので実質無期限です。

  1. アメリカン航空の航空券
  2. レストラン
  3. ガソリン

トラベル系に強いですよね。

僕もアメリカ国内出張はもっぱらアメリカン航空だったので作成しましたが、作成した途端にコロナウィルスの影響で出張がなくなりました。

果たして使うときがこの1年でくるのかどうか。

デルタ航空のクレジットカードは⇒⇒

年会費初年度無料

年会費も気になるところです。

通常99ドルですが、初年度は免除されます。

僕は2年目はおそらく更新しないので入会ボーナスマイルを中心に持ち逃げする予定です笑。

Citi銀行の銀行口座開設しないとなかなか難しいですが、まず作成して1年使いながら考えてみてはいかがでしょうか。

外貨手数料無料

外貨手数料無料も大事です。

アメリカン航空を使う方は日本含めた海外出張もあり得るかもしれません。

日本は日本のクレジットカードがあるかもしれませんが、カナダやメキシコ、ヨーロッパや南米などに出張するときに外貨手数料無料は助かります。

優先搭乗

アメリカン航空搭乗時に優先搭乗できます。

路線によってグループ数は異なりますが、グループ9まであった場合、グループ4くらいまで優先されます。

JALのマイルがいくら10万マイル越えでもアメリカン航空は全く考慮してくれず、グループ7とかになるので、優先搭乗も結構助かります。

アメリカ国内出張だと機内持ち込みの小さいスーツケースを持ち運ぶことが多いのですが、搭乗が遅いと機内持ち込みができず、預け入れが必要です。

無料で対応してくれますが、スーツケースが出てくるまで待つ必要があるので、できるだけ早く搭乗できるに越したことはありません。

預け入れバッグ1個無料(4人まで)

預け入れバッグが1個目無料になります。

4人まで適用されますので家族旅行で大きなスーツケースを何個も持ち運ぶときにも無料です。

預け入れバッグは1個目25ドルですので夫婦で往復預けたら100ドルにもなります。

意外と大きな出費になりますよね。

このスーツケース預け入れ費用が無料になるのも大きなメリットです。

マイルはアメリカン航空の航空券以外にもホテルやレンタカーで使える

貯まったマイルはアメリカン航空の航空券購入に使うのが一番還元率がいいですが、中途半端なマイルはホテルやレンタカーにも使用できます。

アメリカン航空の特設ページから探してみてください。

アメリカン航空マイルをホテルやレンタカーで使おう

航空券のみならず、旅行時に必要なホテルやレンタカーにも使えるのでトラベル系にやはり強い印象があります。

アマゾンのギフトカードに交換は探したところやっていないようです。

スポンサードサーチ

Citi AAdvantage Platinum Selectクレジットカードのデメリット

Citi銀行口座を開設しないと作成が困難

あくまでも個人的な意見ですが、銀行系のクレジットカードは銀行口座を開設しているかで申請が通るかどうか左右されます。

僕は何度かチャレンジしましたが、最終的に銀行口座開設して3か月経過後に申請したら無事にアプルーブされました。

クレジットヒストリーも平均1年くらいは必要です。

僕は何枚も持っていますが、平均10か月でした。

2年目から年会費発生

年会費って嫌いですよね。笑

けど年会費チャージするクレジットカードは入会ボーナスが大きかったり、クレジットカードを保有し続けるだけの魅力もあります。

アメリカン航空のクレジットカードは利用シーンにもよりますので、まずは1年使ってみて考えたいと思っていますが、2年目から年会費が99ドル発生しても持ちたいカードか、を検討しながら使っていきます。

アメリカン航空Citi AAdvantage Platinum Selectクレジットカードまとめ

今日はアメリカン航空のCiti AAdvantage Platinum Selectクレジットカードを紹介しました。

渡米して2年間はほぼ毎月のようにどこか旅行していて、預け入れバックもチャージされるので、早い段階でほしかったクレジットカードでした。

ようやく重い腰を上げてCiti銀行の口座を開設したらあっさり承認されました。

クレジットカードをせっかく作ったのにコロナショックの影響で出張も旅行もしばらく行けそうにありませんが、貯まったマイルはワンワールド系のJALにも使えますし、しばらくは貯め続けて使うタイミングを見計らっておきたいと思います。

マイルに動きがあれば実質無期限ですので、いつかくる旅行に備えてアメリカン航空のクレジットカードを作成してみてはいかがでしょうか。

以上、少しでも参考になれば幸いです。

アメリカン航空クレジットカード(Citi AAdvantage Platinum Select)