入会ボーナス狙いで作成したクレジットカードはすぐに解約していいのか【1年は保有しよう】

ToDoリスト








こんにちは、クレカ中毒者のアポロです。

今日は質問を頂いたので回答しながらブログでもシェアします。

読者からの質問はこちら。

「アメリカのクレカは入会ボーナスがアツいですね。

クレカを作るだけで無料で旅行に行けるなんて夢のような話です。

私もアポロさんのようにクレカでマイル荒稼ぎしたいのですが、クレカのミニマムスペンドを達成、入会ボーナスをもらったらすぐにクレジットカードを解約しているのでしょうか。

年会費がかかるクレジットカードもあるので2年目の年会費を払う前に入会ボーナスのポイントやマイルをもらったらすぐに解約しようかと考えています

アポロさんの考えを教えてください」

質問は一字一句異なりますが笑、内容は同じです。

つまり「入会ボーナス狙いで作成したクレカは入会ボーナスもらったらすぐに解約してもいいのか

僕の回答を説明していきます。

目次【本記事の内容】

入会ボーナス狙いで作成したクレジットカードはすぐに解約していいのか

カレンダー

冒頭でも説明した通りですが、「入会ボーナス狙いで作成したクレジットカードはすぐに解約していいのか」

答えは「ノー」です。

一年間、正確に言えば12か月は解約せずに持ち続けましょう

クレカのミニマムスペンドを達成するために3か月とかクレカによっては6か月は財布の中に入っていると思われます。

早い方で1か月でミニマムスペンドを達成してしまい、入会ボーナスは翌月にもアカウントに入ってきます。

入会ボーナス狙いの場合、メインのクレカに昇格せずにそのまま引き出しの奥に閉まってしまうものもあるでしょう。

そんなカードでもすぐに解約はしないほうがいいです。

アメックスのオファー条件にもちゃんと書かれています。

せっかくなのでいっしょに読んでいきましょう。

アメックスのオファー条件

契約書

アメックスのオファー条件(Offer Terms)の一部を抜粋します。

以下の文言はプラチナカードのT&Cですが、どんなクレカでも同じようなことが書かれています。

If we in our sole discretion determine that you have engaged in abuse, misuse, or gaming in connection with the welcome offer in any way or that you intend to do so (for example, if you applied for one or more cards to obtain a welcome offer (s) that we did not intend for you; if you cancel or downgrade your account within 12 months after acquiring it; or if you cancel or return purchases you made to meet the Threshold Amount), we may not credit Membership Rewards to, we may freeze Membership Rewards credited to, or we may take away Membership Rewards from your account.

https://www.americanexpress.com/us/credit-cards/card-application/apply/member/terms/platinum-charge-card/36182-11-0/#offer-terms

DeepLで翻訳したものが以下です。

ちなみにDeepLはグーグル翻訳より優れているので僕もたまに使っています。

素晴らしい文明ですね。

お客様が何らかの方法で歓迎特典に関連して不正使用、誤用、または賭博を行ったと当社が独自の裁量で判断した場合、またはその意図があると判断した場合(例えば、当社が意図していない歓迎特典を得るために1枚または複数枚のカードを申請した場合など)。アカウントを取得してから12ヶ月以内にアカウントをキャンセルまたはダウングレードした場合、または閾値を満たすために行った購入をキャンセルまたは返品した場合)、当社はメンバーシップ・リワードを加算せず、加算されたメンバーシップ・リワードを凍結し、またはお客様のアカウントからメンバーシップ・リワードを取り上げることがあります。

アメックスのオファー条件に明記されている以上、12か月以内にクレカを解約することは推奨できません

せっかく入会ボーナスのために2000ドルとかのミニマムスペンドを達成しても全てが水の泡です。

解約するなら2年目の年会費が請求される頃に解約しましょう。

参考ですが年会費が請求されてもクレジットカードを一度も利用していなければ年会費は支払う必要はなく、そのまま解約できます。

僕はカレンダーでクレカ解約日を管理しているので忘れたことは今のところないのですが、うっかり年会費が請求されてしまった方もヘルプデスクに連絡すればそのまま解約できる可能性が高いです。

【まとめ】入会ボーナス狙いでクレカを作ったら1年は保有しよう

ToDoリスト

今日は読者の方から頂いた「入会ボーナス狙いで作成したクレジットカードはすぐに解約していいのか」という質問に回答しました。

答えは残念ながらすぐに解約できません。

解約自体はできますが入会ボーナスでもらったマイルやポイントが没収されてしまうことがありえます。

初年度の年会費は作成してすぐに請求されるのですぐに解約することは控え、2年目の年会費が請求されるタイミングで解約を考えましょう。

読者の方から個人的に質問を頂いたのですが、一人の質問はみんな疑問に思っている可能性もあるのでブログ記事として取り上げました。

クレカの入会ボーナスでお得に旅行できたらいいですね。

以上、少しでも参考になれば幸いです。