100万ポイント越え!クレジットカード陸マイラー活動1年間の軌跡








こんにちは、ダラス駐在員のレイです。

アメリカでクレジットカード作成にハマり、1年が経過しました。

せっかくなのでこの1年間に作成したクレジットカード及び入手したポイントについて赤裸々に公開します。

クレジットカードには無限の可能性があります。

いっしょにポイ活はじめませんか。

目次【本記事の内容】

スポンサードサーチ

アメリカのクレジットカード事情

日本でも年会費無料のクレジットカードや入会特典のあるクレジットカードはもちろんあります。

ただアメリカはこの入会ポイントがえげつないです。

作成するだけで500ドル以上もらえるものが多い。

これにつきます。

そして残念ながら駐在員が最初に作成するであろうJAL USAカードやANA USAカードよりも普段のお買い物によるポイントやマイルの貯まり方が大きいです。

これがアメリカのクレジットカードの大きなメリットです。

僕のような永住権の持っていない駐在員でも作成可能ですし、ももちゃんのような仕事していない駐妻でも作成できます。

駐妻がクレジットヒストリーを貯めるなら⇒

僕がこの1年間で作成したクレジットカードと貯めたポイントを集計してみたので公開してみます。

ヒルトンポイント

はじめに大変お世話になっているヒルトンさんから。

僕たち夫婦は旅行が好きで、バックパッカーの経験もあるほどです。

そんな旅行好きにオススメしたいのがヒルトンのクレジットカード

僕はヒルトン1点集中で、ヒルトンのパーソナルカードを全て作成しました。

具体的にはAspire、Surpass、無料Hiltonの3枚です。

3枚のクレジットカードはそれぞれポイントの貯まり方が異なりますが、Aspireを中心にヒルトンをメインとして使っています。

SurpassかAspireを持っていればステータスがゴールド以上になり朝食が無料になります。

ヒルトン3枚のクレジットカードを1年間駆使して得られたポイントは以下のとおりです。

ヒルトン獲得ポイント合計
850000ポイント

内訳は次のようになっています。

ヒルトン獲得ポイント内訳

入会ボーナス:380000ポイント

毎月のお買い物:410000ポイント

紹介:60000ポイント

金額に換算すると、なんと40万円以上の価値があります!

金額換算:4250ドル(1ポイント0.5セント換算)

ポイント以外にも朝食など見えない価値もあり、少なく見積もっても合計1500ドルはありました。

クレジットカードで獲得したポイントと合算すれば合計5750ドル分もあります。

ヒルトンクレジットカードの見えない価値

朝食400ドル(1食20ドル、1年間で30泊したけどオールインクルーシブ5泊や朝食食べずに早朝から観光したこともあるので20泊と仮定。妻もいっしょに泊まっていることもあるので1.5倍で600ドル程度?)

無料宿泊(クレカ特典)600ドル(2泊分、1泊300ドル計算。いいところに宿泊したら1泊1000ドル越えも)

無料宿泊(5泊目無料):500ドル(カンクン、プラヤデルカルメン)

ヒルトンポイントまとめ
ヒルトンポイント合計:850000ポイント

金額換算:5750ドル(ヒルトンポイントとその他メリット合計)

スポンサードサーチ

マリオットポイント

つづいてマリオットです。

出張時はヒルトンかマリオットに宿泊することが多く、マリオットはビジネスカードを1枚作成しました。

マリオット獲得ポイント合計
185000ポイント

内訳は以下のとおりです。

マリオット獲得ポイント内訳
入会ボーナス:100000ポイント

毎月のお買い物:85000ポイント

ヒルトンは3枚持っていますが、マリオットは1枚だけで、メインはヒルトンのクレジットカードを使うことが多いですのでだいたい3分の1の結果となりました。

ただマリオットポイントはヒルトンポイントよりも価値が高く、1ポイント0.8セント程度で計算できます。

マリオットポイントまとめ
マリオットポイント合計:185000ポイント

金額換算:1480ドル(1ポイント0.8セントで計算)

デルタ航空スカイマイル

つづいてエアラインのデルタ航空です。

デルタのスカイマイルは有効期限がなく、とりあえず貯めておけばいつか使えると思います。

とはいえ2年目からは年会費が発生するのでおそらく更新しません。

貯めたマイルも最低限の62000マイルです。内訳は以下となります。

デルタスカイマイル内訳

入会ボーナス:60000マイル

毎月のお買い物:2000マイル

ミニマムスペンドが2000ドルだったので本当に最低限しか使用していません。

今は引き出しの中で眠っています笑

Lyft乗ったときなど小さく貯まっていくメリットもあります。

マイル系はホテル系よりポイントバリューが高いのはいいところです。

デルタスカイマイルまとめ

スカイマイル合計:62000マイル

金額換算:806ドル(1マイル1.3セントとして計算)

スポンサードサーチ

Chase Ultimate Rewards(URポイント)

最後にアメックスではなくChase銀行系で貯まるUltimate Rewards(URポイント)を紹介します。

僕が持っているのはChase Suppire Preferredクレジットカードです。

合計100000ポイント貯まりました。内訳は以下のとおりです。

Chase URポイント内訳
入会ボーナス:60000ポイント

毎月のお買い物:10000ポイント

紹介:30000ポイント

ChaseのVISAカードはアメックスが使えないときに重宝しますし、年明けに南米行ったときにかなりの額を使ったのでミニマムスペンドに対して多く使っています。

ポイントを旅行系のポイントやマイルに交換すれば1ポイント1.25セントになりますが、最低でも1ポイント1セントでキャッシュバックできるので低い側で見積もっても1000ドルの価値があります。

Chase URポイントまとめ
Chase URポイント合計:100000ポイント

金額換算:1000ドル(旅行系で使えば1250ドル以上の価値)

現在はアメリカン航空のミニマムスペンド達成のためにAAクレカを使っています。

コロナウィルスで旅行できるか不透明な部分もありますが年会費は初年度無料ですし2年目は間違いなく継続しないでしょう。笑

今回の計算は妻の分は一切考慮していませんが、妻は僕と同じくヒルトンだったりChase Suppire Preferredクレジットカードを持っています。

クレジットカード陸マイラー活動1年間で獲得したポイントマイルまとめ

今日はクレジットカード陸マイラー活動を始めて1年間で獲得したホテルポイント及びエアラインマイルについてまとめました。

計算してみると1年間で約120万ポイント(金額計算で100万円以上!)も獲得していることが分かりました。

デルタやChaseはまだ使えてませんが、ヒルトンやマリオットのホテルポイントを中心にたくさんお得に旅行できました。

1年間で獲得したポイントまとめ
ヒルトンポイント合計:850000ポイント

マリオットポイント合計:185000ポイント

デルタスカイマイル合計:62000マイル

Chase URポイント合計:100000ポイント

1年間合計:1197000ポイントマイル

僕のようなクレカ初心者でも余裕で100万ポイント貯まるので、僕のブログやほかの駐在員のブログを参考にしながら陸マイラーを続けていけばもっと効率的にうまくポイントやマイルが獲得できると思います。

以上、少しでも参考になれば幸いです。