アメックス期間限定ボーナスを考慮したこれからのクレジットカード戦略~保有カードをどう使うのか2020年夏








こんにちは、陸マイラーのレイです。

今日は2020年5月以降のクレジットカード戦略について、覚え書きの意味も込めて記事にしておきます。

コロナショックでアメックスをはじめ期間限定ボーナスを打ち出しています。

我が家の取る戦略は?

目次【本記事の内容】

スポンサードサーチ

アメックスの期間限定ポイントボーナス

コロナショックの影響でクレジットカード各社期間限定のボーナスポイントオファーを展開しています。

詳細は公式サイトで確認してみてください。

スーパーや携帯電話など、在宅中心でも使えるものとなっています。

アメックス期間限定ボーナスオファー公式ページ

https://about.americanexpress.com/press-release/business-charge-cards/american-express-helps-consumers-and-small-businesses-get-most

僕が持っているアメックスが一番オファーのメリットが大きいように思えました。

  • ヒルトンAspireかSurpass⇒グロサリー利用でポイント12倍(2020年5~7月)
  • ヒルトンホテルクレジット250ドルがレストランでも利用可能に(2020年6~8月)
  • ヒルトン無料宿泊券⇒2020年内の発行分は有効期限2年間(通常1年間)

僕が持っているヒルトン系のクレカだけでもこれだけお得な内容です。

デルタやChase Sapphireでもグロサリー利用で還元率アップしています。

保有カードをどう使っていくか

今、僕が持っている保有カードをどう使っていくか、これから迎える年会費の更新をどうするのかまとめたいと思います。

ヒルトンAspire

Aspireは更新しようかなと思います。

クレジット分によるリターンが大きく年会費の元が取れそうだからです。

Aspireは年会費を更新するごとにヒルトンホテルで使える無料宿泊券がもらえます。

2020年に限り、この無料宿泊券の有効期限が通常の1年間ではなく、2年間有効になります。

コロナの影響がどこまで響くか不透明ですが、楽観的に考えもらっておいて損はないかなと思います。

2年もあれば使えるかなと。

またヒルトンホテルで使える250ドルのリゾートクレジットは2020年6月~8月末までレストランでも使えるとアナウンスがありました。

450ドルの年会費ですが、無料宿泊券と250ドルのホテルクレジット(レストランクレジット)で十分元は取れます。

またAspireはヒルトンホテルで使った場合14倍のヒルトンポイントが、レストランで使った場合7倍のヒルトンポイントが付与されます。

どうせホテルで使うのであればホテルクレジットをレストランで使っておき、ホテル宿泊はクレカで支払い、ポイントを2倍お得に貯めたいと思いました。

ホテルで使う機会がない可能性もあるのでレストランで使えるのはありがたいです。

ヒルトンSurpass

Surpassも更新しようかなと思います。

何もなければAspireかSurpassは解約してもよかったのですが、2年間有効な無料宿泊券が年間$15Kのクレカ利用でもらえるのであれば、チャレンジしようかなと。

グロサリーも5月~7月利用で12倍ポイント貯まりますし、当面のメインカードになりそうです。

ヒルトン無料

ヒルトン無料のクレジットカードはもちろん更新します。

無料でポイント付与率はAspireやSurpassと比べ劣り、普段は引き出しの中にしまっているカードですが、年会費無料はいいですね。

もちろんヒルトン無料クレカを解約して他のアメックスカードに切り替え、ボーナスを狙いにいくという作戦もあると思います。

ただ今のところヒルトンメインなので帰国してからも重宝しそうなのでこのまま有効期限が満了するまでキープ。

マリオットビジネス

マリオットホテルは出張時によく利用しているのですが、しばらく利用なさそうです。

解約も考えていたところアメックスから年会費更新したら50ドルのクレジット上げるよ、との連絡が。

ちょっと迷いましたが、やはり解約しようかなと。

マリオットビジネスの年会費は125ドル、コロナが来る前であれば間違いなく125ドル払って更新し、マリオット系列で宿泊できる無料宿泊券をゲットし旅行していたと思います。

更新すれば50ドルのクレジットがもらえるため、実質75ドルで200ドル以上のホテルに宿泊できるメリットは大きいのですが、いつ宿泊できるか分かりません。

だんだんとクレジットカード保有枚数を減らす必要もあります。

現在35000ポイントはあるのでポイント利用でいつか一時帰国か本帰国のときにマリオット名古屋にでも宿泊してみたいと思います。

デルタゴールド

デルタゴールドは更新予定ありません

入会ボーナスでアメリカ国内であればどこでも行けるマイルはもらえましたが、いつになることやら。

デルタマイルは有効期限ないことがありがたく、年会費初年度無料だったので無料でマイルもらって1年後に解約して逃げ切ります。

Chase Sapphire

Chase Sapphireも更新しないつもりです

入会ボーナスが大きいことで有名ですが、普段使いはあまりよくありません。

普段はLyftに乗ったときだけChase Sapphireで支払っています。

ヒルトンポイントとデルタマイルがボーナスでもらえるからです。

ただ当分はLyftにも乗らないでしょう。

Citi AAdvantage Platinum Select

Citi銀行が発行しているアメリカン航空のクレジットカードですが、更新予定ありません

といっても2020年3月に作成したばかりですが。

デルタゴールドと同じ扱いになり、年会費初年度免除で、入会ボーナスマイルをもらって逃げ切ります。

もし出張があればダラスはアメリカン航空がメインなので使うと思います。

スポンサードサーチ

新規クレカ申請

3か月おき、短いときは3か月以下で繰り返し申請してきたアメリカのクレジットカードですが、当分新規クレジットカードは申請予定ありません

5~7月のスーパーではSurpass、6~8月のレストランではAspireを利用し、ヒルトンポイントをお得に貯め、ヒルトンクレジットを消化していきます。

Surpassの年間15K達成が見えてきたら申請したいカードはキャッシュバック系になると思います。

Surpassチャレンジがあるのでミニマムスペンドの金額次第ですが作って2枚くらいになるかな。

クレジットカード各会社のプロモーション次第にもなりますが、夏くらいに何かいいプロモがあれば乗っかるかもしれません。

しばらくはSurpassやAspireのアメックス集中利用ですね。

まとめ

今日は僕の考えている2020年5月からのクレジットカード戦略について紹介しました。

クレジットカードの陸マイラー活動に正解はありません。

家族構成や消費スタイル、好きなポイントやマイルなど人それぞれです。

期間限定のボーナスも経済やクレジットカード会社によって変わってきます。

自分が今考えていることを整理すると同時に、誰かの参考になればと思い記事にしました。

以上、少しでも参考になれば幸いです。