【羽田】海外からの帰国時に隔離ホテルとしてヒルトンに宿泊できるか検討してみた【14日間の待機宿泊】

ヒルトン東京ベイ








こんにちは、アメリカ駐在員のアポロです。

今日は海外からの日本への一時帰国、もしくは本帰国時に隔離ホテルとしてヒルトンに宿泊できるか検討してみた結果を報告します。

コロナウィルスによってアメリカ含めた海外からの帰国者は公共交通機関に乗れず、ハイヤーで実家に帰るか、空港周辺で14日間の待機宿泊が必要となります。

駐在員ならではの悩みでもあり、考えた当時の背景や前提条件、ヒルトンは隔離ホテルとして最適なのか検討してみた結果を共有します。

ヒルトンはアメリカで有名なホテルチェーンで、クレジットカードによってステータスも上がりやすいので駐在員に人気です。

ホテル好き駐在員の隔離ホテルの参考になればと思います。

目次【本記事の内容】

背景と前提条件

コロナウィルス

日本への帰国が予定あり、ダラスからは成田もしくは羽田空港への直行便が出ています。

ありがとう、JALさん。

僕は入国後、愛知県に行く必要があるので、羽田便を選択しました。

長距離のハイヤーに乗るのは体力的にもしんどそうなので、東京都内のホテルで14日間、隔離される決断をしました。

なお入国した翌日から14日間の隔離が必要になるので15泊必要になります。

前提条件としてヒルトンポイントの大量保有や、クレジットカードによるヒルトンステータスが、もしかしたらほかの帰国者と異なる点かもしれません。

ただし僕の読者さんは同じような環境の駐在員が読んでいる可能性があるので(つまりクレカ好きでヒルトン好き)、参考として考えた背景や問い合わせた結果を共有しておきます。

30万ポイント以上のヒルトンポイントを持っていた

前提条件その1。

まずヒルトンのポイントを30万ポイント以上持っていました。

2021年1月時点で33万ポイントです。

ポイント価値はホテル次第ですが最低でも16万円以上の価値があります。

これによって普通に東横インに宿泊するより安くなります。

15泊しても合計88000円と、1泊6000円しません。

ヒルトン東京ベイ見積もり

ダイヤモンドステータスで朝食無料&ラウンジ利用可能

前提条件その2。

アメリカではクレジットカードを発行するだけでヒルトンダイヤモンドステータスが保有できるヒルトンAspireというアメリカンエクスプレスが発行するクレジットカードを持っていました。

ゴールド以上のステータスで朝食が無料になりますが、最上級のダイヤモンドだとラウンジも利用できます。

特に日本のヒルトンはいい部屋に宿泊するか、ダイヤモンドステータスを持っているか、しないと利用できないラウンジが存在します。

せっかくクレカの恩恵でダイヤモンドステータスを持っているなら、ラウンジで夕食とれば外出しなくても十分だな、と思いました。

ヒルトン東京ベイが羽田周辺で割とリーズナブルな価格

前提条件その3。

羽田から一番近いヒルトンはヒルトンお台場です。

ただし宿泊料金が一番手頃なのはヒルトン東京ベイでした。

東京ディズニーランドのすぐ近くなので完全に浮きますが、どうせ外出しません。

ホテル内の施設だけで十分14日間快適に過ごせると思ったので立地条件は完全に無視して宿泊料金だけでヒルトン東京ベイを選択しました。

問い合わせた結果

ヒルトン東京ベイ

https://hiltonhotels.jp/hotel/kanto/hilton-tokyo-bay

ヒルトン東京ベイに問い合わせた結果をシェアします。

結論からいえば宿泊自体は可能ですが、制約が多くあまりおすすめできません

強いて言えば、単身でヒルトンの宿泊実績を取得したいホテル好き、こもるのが一切苦にならない方のみでしょうね。

コロナの前ではヒルトンホテルもアストロンでした。

一切外出できない

まずホテルの部屋から一切出れません

シャワーとトイレは部屋の中にありますが、文字通り出れません。

14日間ホテルの部屋に隔離されます。

陰性を証明しない限りホテルチェックインもできないのでホテルにいる時点でコロナ陰性です。

これはかなり厳しい対応です。

うっかり出てしまったらきっとホテルの廊下に顔写真とWANTEDと書かれたポスターがずらりと貼られていること、間違いありません。

検疫期間中は、滞在中に客室から出ることはできません。コロナウイルス感染拡大防止のため、お部屋からの外出をご遠慮いただいております。

他人を部屋に呼ぶことができない

ホテルの中に入ったら訪問者を部屋に呼ぶことはできません。

これは隔離を目的としているのでわざわざ呼ぶ人もいないでしょう。

そもそもコロナ関係なく宿泊者以外の方を部屋に呼ぶのはNGのような。。

まぁヒルトン側としては念押しの対応です。

隔離期間中は、訪問者を部屋に入れることはご遠慮頂いております。

ホテル施設が一切利用できない(ロビー、ラウンジ、レストラン、ジムなど)

これがかなり厳しい制約条件です。

ホテルから出れないのはホテルの敷地内からではありません。

ホテルの部屋からです。

そのため一般宿泊者が利用するロビー、ラウンジ、レストラン、ジムなど全て利用禁止と言われました。

かなりきびしー。

ラウンジ利用できなかったら今回宿泊する魅力半減です。

階段使って散歩もできないので文字通りロックダウンされます。

検疫期間中は、滞在中に客室から出ることはできません。したがって、ロビー、レストラン、ラウンジ、会議スペース、プール、スパ、ヘルスクラブなどのホテル施設への入場はご遠慮頂いております。

食事はルームサービスのみ

食事はどうすればいいのかも聞いてみました。

ヒルトンステータスがゴールド以上の場合、朝食は無料になります。

宿泊待機しているときも同様に朝食無料になるそうですが、毎回部屋で食べる必要があります。

ま、部屋から出れませんからね。

ランチも夕食も部屋で食べることになり、ルームサービスを注文することになります。

ヒルトンの食事はどれも美味しいのですが、毎食2000円以上+サービス料を払うのはお財布に優しくありません。

さすがに今回のヒルトン宿泊はないかなと決心しました。

ダイアモンドステータス会員様につきましてはご朝食は無料でデリバリーを行っております。日替わりでメニューがお選びいただけます。

ハウスキーピングサービスがない

細かい制約条件ですがハウスキーピングがありません。

宿泊合計分のアメニティなど置いてあるそうです。

15泊分のタオルとか想像するだけで山盛りですね。。

ベッドシーツも気になるなら自分で交換です。

ご滞在中のハウスキーピングサービスはご提供しておりません。お部屋にあらかじめ全ご滞在期間分の追加のアメニティ-、タオル、リネンをご用意してございます。追加がご必要な際は、お部屋の電話からゲストサ-ビスセンタ-にご連絡ください。リクエストに応じて、客室内での食事と飲み物のメニューをご提供いたします。

コインランドリーがない(ランドリーサービスはある)

ヒルトン東京ベイはホテル敷地内にコインランドリーがありません

そもそもホテルの部屋から出ることも許されていませんが。

ヒルトンとしてランドリーサービスは提供しているので、帰国者がバイキン扱いされない限り、対応してくれると思います。

ヒルトン料金でパンツ1枚300円以上するのでこれもかなりきついです。

自分でお風呂場で洗うことになるんですかね、実際宿泊する場合。

海外からの帰国時に隔離ホテルとしてヒルトンに宿泊できるか検討してみた結果

今日はアメリカや海外から日本へ帰国するときに隔離ホテルとしてヒルトンに宿泊できるか検討してみた結果を紹介しました。

アメリカからだと成田か羽田へ直行便が出ているのですが、実家やアパートが遠方の場合、ハイヤーで帰ることが難しいことも。

羽田空港周辺で14日間の待機宿泊をすることを選びました。

隔離ホテルを検討する上で候補のひとつに上がったのがみんな大好きヒルトン。

アメリカ駐在員でクレジットカード好きだとヒルトンのステータスがゴールド以上の方も多いです。

僕もヒルトンダイヤモンドステータスだったので、朝食が無料&ラウンジが利用できるメリットを最大限に活用できないか検討しました。

実際にヒルトン東京ベイに問い合わせた結果、宿泊自体は可能ですが、部屋から一歩も出れないため事実上厳しい気がします。

単身でパソコンとスマホさえあれば1日中楽しめる方なら滞在もストレスなさそうです。

以上、少しでも参考になれば幸いです。